テーマ:鉄道

函館本線に行ってきます

明日2021年11月26日(金)から29日(月)まで函館本線の駅めぐりに行くことにした。長万部~小樽間、いわゆる山線の全16駅訪問が主目的である。 それ以外にJR北海道が来年春に廃止する方向で地元自治体と協議している7駅のうち、まだ行ったことがない函館本線・本石倉駅にも行くつもり。 切符は久しぶりに「大人の休日倶楽部パス」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鐵道の駅・秋

本日2021年11月22日(月)に小湊鐵道の駅のいくつかにクルマで行ってきた。そろそろ来年の年賀状写真を撮らないといけないのでその下見である。 先週から房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックスが始まっており、各駅には芸術作品が展示されていた。いくつかの駅の写真を掲載する。 上総久保駅に停車するキハ40形気動車の小湊カラー塗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(7)-JR名松線・伊勢鎌倉駅

2021年11月7日(日)のつづき。一志(いちし)13時27分発の名松線・伊勢奥津(いせおきつ)行きに乗った。キハ11形気動車1両に私ひとり乗り込んで客は5人。 名松線に乗るのは3回目。1回目は学生時代の1978年12月。その後2009年の台風で家城(いえき)から先が不通となり、廃線がささやかれたが、2016年3月に復活したので2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(6)-近鉄大阪線・西青山駅

2021年11月7日(日)のつづき。近鉄吉野線の秘境駅・大阿太(おおあだ)から8時58分発の大阪阿部野橋行き急行に乗り、9時29分の橿原神宮前で下車。9時40分発の橿原線に乗り換えて大和八木には9時45分に着いた。 高架上の大阪線ホームに上がり、10時09分発の伊勢中川行き急行に乗換え。6両編成。山に入っていくが、それほど山深いわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(5)-近鉄吉野線・大阿太駅

2021年11月7日(日)は近鉄吉野線の秘境駅・大阿太(おおあだ)、近鉄大阪線の秘境駅・西青山、さらにJR名松線の秘境駅・伊勢鎌倉に訪問して帰途につく。 5時40分に東横イン奈良王寺駅前をチェックアウト。まだ真っ暗だ。JR王寺駅の自由通路を越して近鉄田原本線の新王子駅へ。 新王寺駅はJR王寺駅の北東側に寄り添うように2面1線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(4)-南海汐見橋線

2021年11月6日(土)のつづき。学文路(かむろ)13時18分発に乗り、橋本には13時26分に帰り着いた。駅前の写真だけ撮る。表口はJR和歌山線の駅舎になっているが、外に出たところに「まことちゃん」の像が建っていた。楳図かずおはこの近くの出身らしい。 橋本13時36分発の難波行き急行に乗る。途中河内長野と堺東で下車してすみっこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(3)-南海高野線・上古沢、高野下、学文路駅

2021年11月6日(土)のつづき。紀伊細川11時16分発の橋本行き電車は11時06分にやってきた。ここで天空とすれ違い。天空の方は満席であるが、こちらの電車は午前中に山を下りるのでがらがらに空いている。 11時23分の上古沢(かみこさわ)で私ひとり下車した。元は2面2線ホームだったようだが、谷側の線路は外されている。この駅も斜面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(2)-南海高野線・紀伊神谷、紀伊細川駅

2021年11月6日(土)のつづき。高野山駅には40分ほどいて、9時56分発の下りケーブルに乗った。下りのケーブルは空いていたが、車内から極楽橋のケーブル乗り場を見ると次の上りケーブルに乗る人が鈴なりに待っていた。やはり人出は戻ってきていると感じた。 10時01分極楽橋着。すみっこのスタンプを押してからいったん改札を出てみたが、改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅めぐり(1)-天空51号

2021年11月5日(金)から2年ぶりに大津に帰省してきた。コロナが落ち着いたので久しぶりに兄弟たちと会って話すことができた。翌日からの2日間南海と近鉄の秘境駅に訪問してきたのでその様子を書く。 11月5日(金)は内房線の最寄り駅を始発で発ち、東京6時42分発の新大阪行きのぞみ201号に乗った。1号車自由席は東京発車時に7人だけだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海と近鉄の秘境駅に行ってきます

コロナ禍も収まってきたので、明日2021年11月5日(金)に大津に帰省する。2年ぶりである。その日に兄弟たちの家を訪問したあと、翌日から2日間かけて南海電鉄と近鉄の秘境駅を訪問してこようと思う。 概略の行程は以下のとおり。 11月5日(金) のぞみで京都に出てから大津に戻り、兄弟の家を訪問。その後大阪に出て泊まる。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(10)-「ゆったりやくも」

旅の3日目・2021年10月9日(土)のつづき。備後三日市13時30分発の備後落合行きに子連れ若夫婦の4人とともに乗る。キハ120形気動車1両に客は30人ほど。今日は土曜日なので客が多い。車両の前後端で立って写真を撮る人が数人いる。ロングシートに座り、芸備線の車窓風景を楽しんでいく。 14時21分に備後落合着。昨日同様3本の列車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(9)-山ノ内、七塚、備後三日市駅

旅の3日目・2021年10月9日(土)のつづき。高駅9時42分発のキハ120形気動車に私ひとり乗り込んで客は4人。備後庄原を越えてさらに3駅先の山ノ内(やまのうち)で10時04分に私ひとり下車。 ホームで写真を撮っている人がいた。横浜の男性で、岡山でレンタカーを借りて駅の写真を撮っていると言う。今回の旅で初めて言葉をかわした駅マニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(8)-備後庄原、平子、高駅

旅の3日目・2021年10月9日(土)は芸備線の5駅に訪問した後、新見に抜けて岡山経由で帰る。 今日は少しゆっくり起きて7時にホテル比婆荘をチェックアウト。外は霧だ。駅までの道は下りなので来た時よりはラクだが、それでも12分ほどかかった。 備後庄原駅の有人窓口で平子(ひらこ)までの切符を買う。マルス発券であった。備後庄原駅は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(7)-備後西城、比婆山駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。備後落合14時43分発の三次行きはキハ120形気動車1両に客は30人くらい。2駅先の備後西城(びんごさいじょう)で下りるので、一番前に立っていく。 備後落合を出ると右下方に木次線の線路が分かれていく。芸備線はすぐまた川沿いの渓谷に入っていくが、今度は対岸に道路が見えるので、それほど山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(6)-矢神、備後落合駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。きらめき広場で昼食を済ませたあと、12時10分に出てバス道路(と言ってもセンターラインのない狭い道であるが)を歩く。1.7km約25分歩いて矢神(やがみ)駅に着いた。 矢神駅の木造駅舎も半分取り壊されて待合室だけになっている。しかし残された部分は昔の雰囲気を残している。ホームは千鳥状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(5)-東城、市岡駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。備後八幡駅でバスに乗り遅れ、タクシーで東城(とうじょう)駅に着いたところから。 東城駅は大きな駅で有人。駅舎は昔の雰囲気を残しつつ、きれいに改修されている。2面あるホームは1面しか使われておらず、跨線橋は上り口に板が打ち付けられて封鎖されていた。 東城始発の8時54分発新見行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(4)-小奴可、備後八幡駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)は芸備線・新見~備後庄原間の7駅に訪問し、備後庄原に泊まる。 朝4時20分に早起きして、5時に新見ビジネスシティーホテルをチェックアウト。まだ真っ暗な中、5分歩いて新見駅へ。 芸備線始発の5時17分発備後落合行きはキハ120形気動車1両。客は3人。途中駅をいくつか通過。5時46分の東城か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(3)-坂根、野馳駅

2021年10月7日(木)のつづき。秘境駅・内名を1時間あまり楽しんでから、15時06分発の新見行きキハ120形気動車1両に乗った。地元女性と2人乗りこんで客は9人。 再びV字渓谷を抜け、東城からは山里を走り、15時46分の坂根で私ひとり下車。 坂根駅は片面ホームだが、向かい側にかつてのホーム跡が残っている。トイレの横のオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(2)-内名駅再訪

2021年10月7日(木)のつづき。新見13時02分発の芸備線普通列車に乗った。キハ120形気動車1両に客は11人。うち半数は地元の人で残りが旅行者。車内は4人がけのボックスが4つとあとはロングシートだが、右側のボックス席を確保できた。 芸備線は備後落合~広島間を2004年3月に初乗車。2009年4月に新見~備後落合間初乗車した際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(1)-伯備線・美袋駅

2021年10月7日(木)から9日(土)まで芸備線の新見~備後庄原間の駅めぐりに行ってきた。今日からその様子を書く。 10月7日(木)は内房線の最寄り駅を始発で発った。泊りがけの旅行は昨年11月以来11カ月ぶり。久しぶりの鉄道旅に心がわくわくする。 千葉で快速に乗り換えて東京には6時32分に着いた。6時42分発ののぞみ201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線に行ってきます

先週のブログにも書いたが、明日2021年10月7日(木)から9日(土)まで芸備線の新見~備後庄原間の駅めぐりに行ってきます。 鉄道旅に出かけるのは昨年11月の石北本線以来11カ月ぶり。芸備線に乗るのは昨年1月以来となる。 行程を再掲します。 10月7日(木) 新幹線で岡山まで行き、普通列車に乗り継いで新見へ。内名駅を再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年10月は芸備線に行こうと思う

本日2021年9月30日(木)をもって緊急事態宣言が終了する。10月以降は制限の緩和を段階的に行うとのことであるが、旅行など都道府県間の移動は基本的な感染防止策を徹底することが要請されるだけとなった。 もうずいぶん長い間鉄道旅行に行けていない。この前出かけたのは2020年11月初めの北海道。その後はコロナ感染者が増加して緊急事態宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留里線の駅(2)-小櫃~上総亀山間

久留里線の駅舎の写真・その2。 小櫃(おびつ)駅。小櫃の名前の由来については以下の伝説がある。壬申の乱に破れた大友皇子(おおとものみこ)が実は死んでおらず、この地に逃れてきて城を築いた。しかし大海人皇子(おおあまのみこ)は息子である高市皇子(たけちのみこ)の軍を派遣。結局戦闘の後、大友皇子は腹を切って自害し、小さな石の棺に入れられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留里線の駅(1)-祇園~下郡間

新型コロナの感染者数もようやく減りつつある。9月末での緊急事態宣言解除を期待したいが、それまでは外出自粛である。と言うものの観光地は既に大勢の人で賑わっている。いいのか。 今しばらく県境を越えるのは控え、近場かつ他人と接触しないようクルマで行けるところとして、本日2021年9月24日(金)に久留里線の駅舎の写真を撮りに出かけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鐵道の駅(2)-上総川間~上総中野間

小湊鉄道の駅の写真その2。上総牛久の先は一段とローカル度が増す。 上総川間駅。田んぼの中にぽつんとホームがある(2021年9月7日撮影)。 上総鶴舞(かずさつるまい)駅。テレビのロケにもよく使われる駅。確かに昔の雰囲気をよく残している(2021年9月7日撮影)。 上総久保駅。待合所脇の大銀杏は秋が深まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鐵道の駅(1)-五井~上総牛久間

本日2021年9月7日(火)に小湊鐵道の駅舎の写真を撮りにクルマで出かけた。そうしたら只見線カラーのキハ40が走っているのを見かけたので、五井にクルマを停めて光風台までキハ40に乗って往復した。昨年JR東日本から譲渡された只見線カラーのキハ40は7月頃から定期列車にも使われているのだと車掌から聞いた。知らなかった。 その前に近況で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・南廻線の駅

台湾でこれまで全駅に訪問したことがある路線は海線、深澳線、平渓線、南廻線だけである。本日は残った南廻線の駅の写真を掲載する。 南廻線の駅は2018年10月に全駅訪問した。駅によっては一日2往復しか列車が停まらない駅もあり、バスも併用しての訪問であった。 南廻線は高雄の南にある枋寮から東部の台東までである。南廻線は1992年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・深澳線と平渓線の駅

先週の西部幹線・海線に続いて、平渓(ピンシー)線の写真を掲載する。2018年10月に平渓線の全駅下車をした時の写真。 平渓線は東部幹線の一部である宜蘭(イーラン)線の三貂嶺から分岐して菁桐までである。ただし平渓線の列車は途中に宜蘭線の三貂嶺~瑞芳間をはさんで瑞芳~八斗子間の深澳(シェンアオ)線にまで直通している。 なので八斗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・海線の駅(2)-日南~彰化間

台湾鉄路管理局西部幹線・海線の駅の写真その2。 日南(リナン)駅。2面4線のホームから地下道をくぐると木造駅舎がある。ここの木造駅舎は談文などと違って内外ともきれいに修復されている。これも良いけれど、私は古いままの方が好みだ。ここの駅員は日本語が少し話せたので、外に出てきて駅舎の柱と梁を斜めに補強する木を指さし、釘を使わずに組まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・海線の駅(1)-竹南~苑理間

東京オリンピックは終了したが、新型コロナの感染者は一向に減らない。今はどこかに出かける気になれない。それでまた過去の写真を掲載する。 今日と明日は台湾・海線の駅の写真。2019年5月に海線の全駅下車に行った時の写真をまとめる。 台湾鉄路管理局の西部幹線は竹南と彰化の間で山線と海線に分かれる。海線には竹南と彰化を除いて16の駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more