石勝線の駅

1都3県の緊急事態宣言は2021年3月22日に解除されたが、その後早くもリバウンドが始まっており、春だと言うのにどこかへ出かける気になれない。それで根室本線に続いて石勝線の駅の写真を掲載する。 石勝線は南千歳から新得(しんとく)までで、根室本線直通の特急が走る。途中の新夕張から夕張までの支線は2019年4月1日に廃止されたが、支線…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(7)-姉別~根室間

根室本線の駅の写真7回目。最終回。 姉別(あねべつ)駅。簡素な待合室があるだけだが、窓にはルパンの絵が貼り付けられている(2017年4月11日撮影)。 厚床(あっとこ)駅。白い駅舎が素敵。当駅から別れていた標津線の跡地は遊歩道になっているようだ。ひと駅目の奥行臼(おくゆきうす)には木造駅舎も残っているらしい。そのうち…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(6)-東釧路~浜中間

根室本線の駅の写真6回目。釧路から先は通称花咲線となり、基本1両編成の普通または快速列車ばかりとなる。 東釧路(ひがしくしろ)駅。レンガ造りの大きな駅舎。駅前が狭いため、写真のアングルはいつも同じになる(2017年4月13日撮影)。 武佐(むさ)駅。団地の中にあるホームだけの駅(2017年4月13日撮影)。 …
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(5)-直別~釧路間

根室本線の駅の写真5回目。 直別(ちょくべつ)駅。ログハウスふうの小さな駅舎がかわいらしかったが、2019年3月に廃止されて信号場となった(2018年5月31日撮影)。 尺別(しゃくべつ)駅。駅のまわりは廃屋ばかりで、倒壊した家も多く秘境駅と言うのがふさわしかったが2019年3月に廃止されて信号場になった(2017年…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(4)-札内~厚内間

根室本線の駅の写真4回目。 札内(さつない)駅。かつて隣にあった稲士別駅から歩いて来た(2016年3月24日撮影)。 稲士別(いなしべつ)駅。2017年3月廃止。この駅には2回下車したが、まわりには民家が少なからずあり、廃止されるのが不思議だった。長い板切れホームがあるだけ(2017年1月27日撮影)。 …
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(3)-十勝清水~帯広間

根室本線の駅の写真3回目。新得(しんとく)から先は十勝平野となり、北海道らしい雄大な平原を走る。 十勝清水(とかちしみず)駅。当地は1980年に町の人達が集まってベートーヴェンの「交響曲第九番」を歌ったことから「第九のまち」と言われるようになったとかで、駅舎内には演奏風景の写真も掲げられていた(2018年3月16日撮影)。 …
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(2)-布部~新得間

根室本線の駅の写真2回目。富良野から2駅目の山部(やまべ)の先は空知川とかなやま湖に沿った風光明媚な区間。ただし東鹿越(ひがししかごえ)から新得(しんとく)の間は2016年夏以降代行バスになっている。 布部(ぬのべ)駅。駅前には「北の国 此処に始る」と書かれた倉本聰直筆の看板が置かれている。ここはテレビドラマ「北の国から」の第1話…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(1)-滝川~富良野間

根室本線は函館本線の滝川から東に向かって終点の根室まで、滝川を含めて59駅ある(2021年3月現在)。そのうち10駅が未訪問であるが、コロナ禍でいつ行けるかわからないので、この際滝川から順番に駅の写真を掲載しようと思う。 未訪問駅については車内から撮影した写真がある場合はそれを掲載するが、それもない場合はご容赦下さい。私が駅めぐり…
コメント:0

続きを読むread more

内房線の新車両E131系

2021年3月13日(土)にJRダイヤ改正があり、内房線の木更津から房総半島をぐるりとまわって外房線の上総一ノ宮まで走る新車両が登場した。E131系電車である。 本日3月16日(火)に初乗車した。木更津から上総一ノ宮まで通しで乗りたいところではあるが、まだ緊急事態宣言も続いているため、私の住んでいる最寄り駅に近い木更津から乗車して…
コメント:0

続きを読むread more

釧網本線の駅(3)-南弟子屈~東釧路間

釧網本線の駅の3回目。摩周駅を出ると山を下り、標茶(しべちゃ)の先は釧路湿原に沿って走る。釧網本線の車窓の圧巻区間である。 南弟子屈(みなみてしかが)駅。ここもダルマ駅(車掌車駅舎)であったが、2020年3月に廃止された(2018年5月30日撮影)。 磯分内(いそぶんない)駅。近くに雪印メグミルクの工場があるからだろ…
コメント:0

続きを読むread more

釧網本線の駅(2)-中斜里~摩周間

釧網本線の駅の2回目。網走から知床斜里まではオホーツク海沿いを走るが、ここから先は内陸に入り、山に向かっていく。 中斜里(なかしゃり)駅。駅舎を出ると駅前通りの向こうに斜里岳の雄大な姿が見える(2018年5月28日撮影)。 南斜里(みなみしゃり)駅。畑の中に片面ホームがあるだけで、待合室もない。2021年3月廃止予定…
コメント:0

続きを読むread more

釧網本線の駅(1)-桂台~知床斜里間

先週の石北本線に続いて本日から3回に渡って釧網本線の駅を網走側から順に紹介する。 釧網本線は2018年5月に全駅下車したが、その後2020年3月に南弟子屈(みなみてしかが)駅が廃止され、2021年3月には南斜里(みなみしゃり)駅が廃止される。その前の2017年3月に廃止された五十石(ごじっこく)駅も含めて写真を掲載する。 桂…
コメント:0

続きを読むread more

石北本線の駅(3)-安国~網走間

石北本線の駅の写真その3。遠軽(えんがる)から先はまだ行けていない駅が7駅ばかりある。車内から写真を撮れた駅は車内からの写真を掲載するが、それもないものはご容赦下さい。 安国(やすくに)駅。ログハウスふう駅舎。木のおもちゃがいくつも飾られている(2020年11月6日撮影)。 生野(いくの)駅。畑の中に板切れホームがあ…
コメント:0

続きを読むread more

石北本線の駅(2)-上川~遠軽間

石北本線の駅の写真その2。上川から先は廃止された駅が続く。信号場として現在も駅舎が残っているものもある。それらも含めて紹介する。 なお駅めぐりを始めたのが2015年以降なので、その前に廃止された駅には行っていない。車内から撮った写真を掲載する。 上川駅。有人駅。当地出身の高梨沙羅の横断幕が見える(2020年11月6日撮影)。…
コメント:0

続きを読むread more

石北本線の駅(1)-南永山~東雲間

石北本線の駅めぐりには2015年9月と2020年11月に行ったが、まだ7駅が未訪問のまま残っている。しかし2021年3月で北日ノ出、将軍山、東雲、生野の4駅が廃止されるので、その前に旭川寄りから順番に駅の写真を掲載していこうと思う。 本日は新旭川で宗谷本線と分かれて最初の駅である南永山から上川のひとつ手前の東雲まで。 南永山…
コメント:0

続きを読むread more

五井駅のキハ40

コロナ禍で鉄道に乗りに行けない日々が続いているが、昨日所用があってクルマで出かけた帰り、ビューアルッテでSuicaにチャージするため五井駅に立ち寄った。 チャージを終わって五井駅の跨線橋から見下ろすと小湊鉄道の車庫脇にキハ40形気動車が2両留置されているのが見えた。2020年5月にJR東日本から譲渡されたキハ40 2021とキハ4…
コメント:0

続きを読むread more

宗谷本線の駅(5)-下沼~稚内間

宗谷本線の駅の写真その5。最終回。 下沼(しもぬま)駅。今は塗装が新しくなり、地元のキャラクターである「ぬまきひょん」が描かれている(2016年7月9日撮影)。 現在の下沼駅。列車内から撮影(2020年9月3日撮影)。 豊富(とよとみ)駅。無人駅だが、駅舎内に喫茶店が入っている(2020年9月3日撮影)…
コメント:0

続きを読むread more

宗谷本線の駅(4)-筬島~幌延間

宗谷本線の駅の写真その4。 筬島(おさしま)駅。ここも外板を新しくしたダルマ駅舎(車掌車駅舎)。近くに砂沢ビッキ記念館がある(2016年7月10日撮影)。 佐久(さく)駅。この駅だけは訪問できていないので車内から撮った写真(2020年9月3日撮影)。 天塩中川(てしおなかがわ)駅。木造駅舎は新しく改修さ…
コメント:0

続きを読むread more

宗谷本線の駅(3)-日進~音威子府間

宗谷本線の駅の写真その3。 日進(にっしん)駅。ホームは短いが待合室は大きい。しかし夕日が大きな窓から差し込んで中はサウナ状態だった(2020年9月3日撮影)。 北星(ほくせい)駅。列車内からも見える待合室の看板「毛織の北紡」が強烈な印象。2021年3月廃止予定(2016年7月11日撮影)。 智恵文(ち…
コメント:0

続きを読むread more

宗谷本線の駅(2)-和寒~名寄間

宗谷本線の駅の写真その2。昨日は旭川から塩狩までの駅の写真を掲載したが、今日はその続きで、和寒(わっさむ)から名寄(なよろ)までの各駅。 和寒(わっさむ)駅。塩狩から峠を下った駅。この先はしばらく平地が続く。和寒駅は特急停車駅だが簡素な無人駅だ(2020年9月4日撮影)。 東六線(ひがしろくせん)駅。板切れホームに待…
コメント:0

続きを読むread more