ラッピング車両コレクション

日本全国の鉄道に乗っているとアニメキャラをラッピングした車両にお目にかかることが少なからずある。その都度カメラに収めているが、ここにまとめて写真を掲載する。今はすでにない車両もある。 北海道の根室本線と釧網本線を走るルパン三世車両。釧路駅にて(2018年5月31日撮影)。 同上(2018年5月31日撮影)。 …
コメント:0

続きを読むread more

オーストリアの鉄道

オートスリアにはこれまで5回行った。1回目は2014年7月に行ったドイツ・オーストリアのパックツアーであるが、そのあと2015、2016、2017、2019年の4回はウィーンフィルを聴くためウィーンに行った。 ウィーンフィルが主目的ではあるが、2015年には世界遺産のセンメリング鉄道区間に乗ってミルツツーシュラークまで往復。また2…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの鉄道

ヨーロッパにはドイツとオーストリアにしか行ったことがない。しかも鉄道旅が目的ではない。これまで6回行ったが、いずれも家内と2人旅であった。 リタイアしてすぐの2014年7月にドイツ・オーストリアのパックツアーに行った。初めてのヨーロッパなので個人旅行は避けたのだ。最初の日に泊まったケルンのホテル「アツィムト・ホテル・ケルン・シティ…
コメント:0

続きを読むread more

韓国の鉄道

昨日のベトナムに続いて、本日は韓国の鉄道。 韓国には現役時代一度も行く機会がなかった。リタイアした2014年に一度だけ4泊5日で韓国の鉄道に乗りに行った。その時の写真を掲載する。なお韓国には4泊したが、うち3泊は東横インに泊まった。韓国には東横インがたくさんあるのだ。 1日目はソウルに泊まり、ムグンファ号で海際の駅・正東津へ…
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムの鉄道

2020年6月19日に県またぎの移動が解禁されたが、海外に行けるのはいつになるか皆目見通せない。それで過去の海外鉄道写真を掲載する。本日はベトナムの鉄道。台湾、タイ、マレーシアと違ってベトナムの鉄道には一度しか乗りに行っていない。 ベトナムには現役時代に仕事で二度ばかり行ったことがある。最初の時ホテルニッコーハノイに泊まったので、…
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの鉄道駅(3)-マレー鉄道以外

マレーシアの鉄道駅の写真つづき。本日はマレー鉄道以外の駅として、クアラルンプール国際空港とKLセントラル駅を結ぶKLIAトランジット(途中駅に停まらないノンストップ列車はKLIAエクスプレスという)、および市内を走るLRTとモノレールの駅。 KLIAトランジットでKLセントラルのひとつ空港寄りのバンダールタシクセラタン駅。マレー鉄…
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの鉄道駅(2)-南方面と東海岸線

マレーシアの鉄道駅の写真つづき。本日はクアラルンプールから南方面と東海岸線。 ジョホールバル駅。シンガポールとの国境に位置するマレーシア最南端の町。鉄道駅は巨大で、陸橋を渡ると大きなショッピングセンターが3つ並んでいる。時間つぶしにハリウッド映画を見た。日本円で500円くらいであったが、英語音声にマレー語と中国語の字幕はいささかつ…
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの鉄道駅(1)-クアラルンプール近郊と北方面

これまで行ったことのあるマレーシアの鉄道駅の写真を今日から3日に渡って掲載する。本日はマレー鉄道のクアラルンプール近郊と北方面。 クアラルンプール駅。白亜の堂々たる駅舎。かつてはクアラルンプール市の中心駅だったが、今はKLセントラル駅にその座を譲っている(2016年5月31日撮影)。 KLセントラル駅。黒川紀章氏がデ…
コメント:0

続きを読むread more

マレーシアの鉄道

タイほどではないが、マレーシアにも何度か鉄道に乗りに行った。タイと同様、これまでのマレーシア鉄道旅について振り返っておく。 マレーシアにはこれまで7回行った。そのうち4回目までは現役時代に仕事で行ったのだが、その後の3回はリタイア後に鉄道に乗りに行った。 1回目の鉄道旅は2016年5月で、まずクアラルンプールからタイ国境のパ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅(4)-南本線、ナムトック線

タイ国鉄の駅の写真つづき。本日はナムトック線を含む南本線の駅。 南本線はハジャイでパダンブサール方面とスンガイコーロック方面に分かれる。スンガイコーロック方面は外務省から渡航中止勧告が出されているエリアのため行っていない。 またパダンブサールはタイ側とマレーシア側にそれぞれ駅があるが、マレーシア側でしか下車していないので、こ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅(3)-東本線、メークローン線

タイ国鉄の駅の写真つづき。本日は東本線とメークローン線。 東本線はバンコクからカンボジア国境のバーンクローンルックまで。途中のチャチューンサオジャンクションからバーンプルータールアンまでのサッタヒープ支線が分かれる。 メークローン線は他の路線と全く繋がっていない独立した路線。バンコク西寄りのウォンウェンヤイ駅からマハーチャイ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅(2)-東北本線

タイ国鉄の駅の写真つづき。本日は東北本線。 アユタヤの先、バンパチジャンクションで北本線から東北本線が分岐。ナコーンラチャシーマの先タノンチラジャンクションでノーンカーイ方面とウボンラチャタニ方面に分かれる。なおノーンカーイ方面のバイパス線としてブアヤイ線がある。 ナコーンラチャシーマ駅。タイ東北はイサーン地方と呼ばれるが、…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅(1)-北本線

これまで行ったことのあるタイ国鉄の駅の写真を今日から4日に渡って掲載する。本日は北本線。バンコク~チェンマイ間751kmを結ぶ。 バンコク中央駅=ファランポーン駅。フランクフルト中央駅をモデルにしたとも言われる堂々たる駅舎。新しいバンコク中央駅ができると博物館になるらしい(2019年9月3日撮影)。 夜のバンコク中央…
コメント:0

続きを読むread more

タイの鉄道

最近の私の鉄道旅ではだんだん行き先が絞り込まれてきた。北海道と台湾とタイに行くことが多い。今日はタイの鉄道について書く。 タイにはこれまで12回行った。そのうち7回目までは現役時代に仕事で行ったのだが、その後の5回はリタイア後に鉄道に乗りに行ったのである。私のタイ鉄道旅について振り返ってみたい。 1回目の鉄道旅は2015年1…
コメント:0

続きを読むread more

秘境駅コレクション(3)-台湾編

台湾の秘境駅にはまだあまり行けていない。鐵貓という台湾の人が秘境駅のホームページを開設し、34位までのランキングを公開している(最新版は2017年版)。そのうちこれまで行けたのは12駅だけ。 これまで訪問できた12駅の写真を紹介する。駅名の後のカッコ内は鐵貓氏による秘境駅ランキング順位。 南廻線・枋山駅(1位)。鐵貓氏いちお…
コメント:0

続きを読むread more

秘境駅コレクション(2)-廃止駅

昨日に続いて秘境駅の写真を私の好みでいくつか紹介する。本日はすでに廃止された駅を10駅。仕事をリタイアした後で秘境駅めぐりを始めたので、いずれもここ6年以内に廃止された駅である。 根室本線・上厚内(かみあつない)駅。古い木造駅舎がとても良かったが、廃止されて残念。今は信号所になっている。2017年3月廃止(2017年1月27日撮影…
コメント:0

続きを読むread more

秘境駅コレクション(1)-現役駅

緊急事態宣言は解除されたが、鉄道旅行に出かけるのはまだ躊躇される。それで過去の写真から秘境駅の写真を紹介する。 最近の私の鉄道旅では秘境駅訪問がいちばんの目的になっている。本日2020年5月28日の時点で、牛山隆信氏の2020年度秘境駅ランキング200のうち119駅が訪問済である。 本日は私が好きな秘境駅のうち今も現役の駅を…
コメント:0

続きを読むread more

ダルマ駅コレクション(5)-北海道以外

ダルマ駅の写真5日目は北海道以外の駅。北海道以外となるとダルマ駅は数少なくなる。 私の住む千葉県にもかつてはいくつものダルマ駅があった。笹田昌宏氏の「ダルマ駅へ行こう!」によると、成田線・香取駅、外房線・東浪見駅と三門駅、内房線・千歳駅、久留里線・東横田駅がダルマ駅であったが、今はいずれもダルマ駅ではなくなった。 千葉県以外…
コメント:0

続きを読むread more

ダルマ駅コレクション(4)-北海道南部

ダルマ駅の写真4日目は北海道南部の日高本線、函館本線など。 日高本線には写真を掲載した浜厚真(はまあつま)駅以外にも3つのダルマ駅があるが、まだ行けていない。それらはいずれも代行バス区間にあるので、なかなか行く気になれないのだ。 函館本線南部では下記以外に中ノ沢駅がダルマ駅だが、まだ行けていない。なお函館本線ではあるが旭川近…
コメント:0

続きを読むread more

ダルマ駅コレクション(3)-北海道中央部

ダルマ駅の写真3日目は北海道中央部の留萌本線、札沼線など。札沼線の北海道医療大学~新十津川間は2020年4月17日のラストランのあと、運休のまま5月7日に廃止となった。石狩金沢、本中小屋、中小屋の3連続ダルマ駅が消えたのは残念。 留萌本線・恵比島(えびしま)駅。これとは別に立派な木造駅舎があるが、そちらは朝ドラ「すずらん」のロケの…
コメント:0

続きを読むread more