アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
鉄道と音楽の日々
ブログ紹介
ローカル線の乗り鉄とクラシック音楽鑑賞の趣味のページです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ポッポの丘の秋
ポッポの丘の秋 昨日2018年11月17日(土)に久しぶりにいすみポッポの丘を訪れた。家族4人で年賀状用の写真を撮りに行ったのであるが、天気が良くて多くの人が来ていた。車掌車編成の運行に乗車したのに加え、連結の実演、寝台車見学、車内放送体験といろいろ楽しませてもらった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/18 18:18
台湾の秘境駅めぐり(16)−猴とん駅
台湾の秘境駅めぐり(16)−猴とん駅 2018年10月31日(水)のつづき。大華16時40分発の八斗子行きにひとり乗り込み、東部幹線(宜蘭線)に入って三貂嶺の次の猴硐(ほうとん)で下車した。これで深澳/平渓線一日周遊券で下車できる全ての駅に下車したことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/17 18:24
台湾の秘境駅めぐり(15)−三貂嶺、大華駅
台湾の秘境駅めぐり(15)−三貂嶺、大華駅 2018年10月31日(水)のつづき。望古15時26分発の八斗子行きに乗る。15時30分の十分で大勢下車したので、またかぶりつき席へ。しかし十分からまたまた大勢乗ってきて、かぶりつき席は満員盛況。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/16 18:48
台湾の秘境駅めぐり(14)−十分、望古駅
台湾の秘境駅めぐり(14)−十分、望古駅 2018年10月31日(水)のつづき。平渓13時18分発に乗り、3駅戻って13時30分の十分で下車。ここは平渓線の観光の中心地で多くの客が下車した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 18:36
台湾の秘境駅めぐり(13)−青桐、嶺脚、平渓駅
台湾の秘境駅めぐり(13)−青桐、嶺脚、平渓駅 2018年10月31日(水)のつづき。八斗子〜瑞芳間の深澳線と三貂嶺〜青桐間の平渓線は途中に東部幹線(宜蘭線)の瑞芳〜三貂嶺間をはさんで列車は直通している。八斗子10時40分発の列車はそのまま平渓線まで乗り入れる青桐行きだ。まずは始発から終点まで乗って行き、それから途中駅に下車しようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/14 18:49
台湾の秘境駅めぐり(12)−瑞芳、八斗子、海科館駅
台湾の秘境駅めぐり(12)−瑞芳、八斗子、海科館駅 2018年10月31日(水)は深澳線と平渓線の全駅に下車してから夜行便で日本に帰国する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/13 18:30
台湾の秘境駅めぐり(11)−普悠馬号
台湾の秘境駅めぐり(11)−普悠馬号 2018年10月30日(火)のつづき。台東駅の改札口脇で台鉄弁当を売っていたのでこれを買い込む。60NT$(約230円)。14時00分発の普悠馬(ぷゆま)号に乗り込んだ。普悠馬号は人気列車なので、日本で台鉄ホームページから切符を買っておき、初日高雄駅で乗車券に引き換えた。565NT$(約2,100円)であった。席は4号車21番で左の窓際。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/12 18:30
台湾の秘境駅めぐり(10)−普快車で枋寮から台東へ
台湾の秘境駅めぐり(10)−普快車で枋寮から台東へ 2018年10月30日(火)のつづき。枋寮漁港でシラスオムレツを食べて枋寮駅に戻ってきたのが10時20分。次に乗るのは10時55分発の台東行き普快車である。台湾で唯一冷房のない客車である普快車には昨日も2回乗ったが、今日は始発から終着までの全区間に乗る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 18:30
台湾の秘境駅めぐり(9)−加禄駅
台湾の秘境駅めぐり(9)−加禄駅 2018年10月30日(火)のつづき。内獅からバスで加禄火車站まで来て、5分ほど歩いて加禄駅に着いたところから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 18:30
台湾の秘境駅めぐり(8)−内獅駅
台湾の秘境駅めぐり(8)−内獅駅 2018年10月30日(火)のつづき。鉄猫氏による秘境駅ランキング1位の枋山駅には1時間09分いて、7時46分発(2分遅れ)の区間車に私ひとり乗り込んだ。もと復興号に使われていた4両編成の客車。4両で合わせて3人しか乗っていない。いちばん後ろの客車まで行って車掌から内獅までの切符を買った。15NT$(約60円)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 18:25
台湾の秘境駅めぐり(7)−枋山駅
台湾の秘境駅めぐり(7)−枋山駅 2018年10月30日(火)は南廻線の残り3駅を訪問してから台東に出て、特急普悠馬(ぷゆま)号で東部幹線を一気に北上し、台湾東北の礁渓を目指す。普悠馬号は日本製の車両で、10月21日に東部幹線の新馬駅付近で脱線事故を起こしたのは同形の車両。東部幹線は事故3日後には完全復旧している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 18:23
台湾の秘境駅めぐり(6)−知本、龍渓、大武駅
台湾の秘境駅めぐり(6)−知本、龍渓、大武駅 2018年10月29日(月)のつづき。太麻里からは12分遅れ14時54分発の自強号にひと駅乗って15時05分の知本で下車。ここは知本温泉の最寄り駅で、このあたり屈指の観光地だけあって駅舎は大きく、駅舎内には売店もある。駅前ロータリーも大きい。タクシーが何台も停まっている。だいぶ暑くなってきたので、売店でアイスキャンディを買って体を冷やした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/07 18:24
台湾の秘境駅めぐり(5)−康楽、太麻里駅
台湾の秘境駅めぐり(5)−康楽、太麻里駅 2018年10月29日(月)のつづき。多良駅からバスで金崙に戻ってきたが、バスが15分ほど遅れてきたので、あまり時間が無くなってしまった。本当は金崙の集落で昼食にしようと思っていたのだが、時間がないのでそのまま駅へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 18:30
台湾の秘境駅めぐり(4)−金崙、多良駅
台湾の秘境駅めぐり(4)−金崙、多良駅 2018年10月29日(月)は高雄から南廻線の列車に乗り、南廻線の6駅および廃止された観光駅・多良駅を訪れて枋寮に泊まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 18:53
台湾の秘境駅めぐり(3)−美麗島駅と六合夜市
台湾の秘境駅めぐり(3)−美麗島駅と六合夜市 2018年10月28日(日)のつづき。夕食は六合夜市で食べることにし、19時に高雄駅前のホテルを出た。六合夜市までは歩いても行けるが、高雄MRTの美麗島駅がきれいらしいので、MRTにひと駅だけ乗って行くことにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 18:30
台湾の秘境駅めぐり(2)−高雄へ
台湾の秘境駅めぐり(2)−高雄へ 2018年10月28日(日)のつづき。桃園MRTで終点の環北まで行ってから折返し、15時24分に高鉄桃園で下車。高鉄の切符は事前にKKdayというサイトで外国人向け2割引の切符を買ってきたが、高鉄駅の窓口で乗車券と引き換えないといけない。その際列車と座席の指定をすることになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 18:48
台湾の秘境駅めぐり(1)−桃園MRT
台湾の秘境駅めぐり(1)−桃園MRT 2018年10月28日(日)から11月1日(木)まで台湾の鉄道に乗ってきた。主目的は南廻線の全駅訪問。今日からその様子を書く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/02 19:27
台湾の鉄道に乗りに行きます
明日2018年10月28日(日)から11月1日(木)まで台湾の鉄道に乗りに行く。主目的は南廻線の全駅訪問であるが、それ以外に平渓線と深澳線の全駅にも下車する。南廻線では冷房のない旧型客車の普快車(台湾ではここだけ)にも3度ばかり乗る計画なので、これも楽しみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/27 19:41
北海道ふっこう割で流氷を見に行こうと思う
2018年10月より北海道ふっこう割が始まり、最大70%割引のツアーが発売になった。旅行会社各社から航空券+宿泊に使えるクーポンが出てきたので、10月22日以降、JAL、近畿日本ツーリスト、日本旅行のサイトで予約を試みた。しかし発売開始早々にチャレンジしたにもかかわらず売り切れで予約できなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 20:37
下川裕治の「東南アジア全鉄道制覇の旅」その2
下川裕治の「東南アジア全鉄道制覇の旅」その2 2018年9月に双葉文庫として刊行された「インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編」。前作「タイ・ミャンマー迷走編」に続くシリーズ第2作にして完結編である。前作は下川氏のブログ「たそがれ色のオデッセイ」の読者プレゼントでもらったのであるが、今回は購入した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/24 19:25

続きを見る

トップへ

月別リンク

鉄道と音楽の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる