南海と近鉄の秘境駅めぐり(2)-南海高野線・紀伊神谷、紀伊細川駅

2021年11月6日(土)のつづき。高野山駅には40分ほどいて、9時56分発の下りケーブルに乗った。下りのケーブルは空いていたが、車内から極楽橋のケーブル乗り場を見ると次の上りケーブルに乗る人が鈴なりに待っていた。やはり人出は戻ってきていると感じた。

10時01分極楽橋着。すみっこのスタンプを押してからいったん改札を出てみたが、改札の外には登山道があるだけだ。ある意味ここも秘境駅と言って良いロケーションである。

さて南海高野線には3つの秘境駅がある。極楽橋から橋本寄りの3駅で、紀伊神谷(きいかみや)、紀伊細川、上古沢(かみこさわ)の各駅。牛山隆信氏の2021年秘境駅ランキングでは順に50位、124位、173位となっている。この順番に下車しようと思う。

極楽橋10時09分発の橋本行き電車に乗る。杉木立の中を走り、10時13分の紀伊神谷で私ひとり下車した。

紀伊神谷駅は1面2線のホームに古い木造駅舎がある。山中の駅だが、有人駅だ。駅前にはクルマ1台通れるだけの細い道が通っているが、民家は見えない。集落は離れているようだ。駅ノートがあったので記入。木立に囲まれた静かな駅にいると落ち着く。

10時31分には極楽橋行きの電車が来てハイキング姿のおばさんが3人下車。この駅の利用者はハイキング客だけかもしれない。

私は10時41発の橋本行き電車に乗った。もうひとりやはりハイキング姿の女性が乗り込んだ。

10時47分の紀伊細川で私ひとり下車した。紀伊細川駅は斜面の上方にあって、集落は遙か下の谷底にある。高低差50mくらいあるだろうか。駅までの上り下りが大変そうだ。

2面2線のホームに古くて味がある木造駅舎。ここも有人駅だ。静かな駅。谷を見下ろす景色は遠くまで見渡せて気持ちが良い。

この次は上古沢駅に行く。

写真は極楽橋駅舎(2021年11月6日撮影)。

DSC00140-2.jpg


極楽橋駅ホーム(2021年11月6日撮影)。

DSC00153.JPG


紀伊神谷駅舎(2021年11月6日撮影)。

DSC00184.JPG


紀伊神谷駅舎内部(2021年11月6日撮影)。

DSC00172.JPG


紀伊神谷駅ホーム(2021年11月6日撮影)。

DSC00207.JPG


紀伊細川駅舎(2021年11月6日撮影)。

DSC00263.JPG


紀伊細川駅ホーム(2021年11月6日撮影)。

DSC00271.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント