SLコレクション(3)-台湾編

海外でもSLが保存されているのを時々見かける。台湾にはいくつか鉄道公園があり、SLが展示されている。タイでは駅前にSLを展示しているところが少なからずある。一方でマレーシアや韓国ではSLを見かけなかったから、SL保存熱は国によるのだろう。本日は台湾のSL写真を掲載する。

西部幹線の苗栗駅から5分ほど歩いたところに苗栗鉄路車輌文物展示館があり、屋根付きの解放スペースに多くの車輌が展示されている。SLも4両ばかりある。まずは苗栗鉄路車輌文物展示館の全景から(2019年5月8日撮影)。

DSC09558.JPG


それぞれの車輌には中国語、英語、日本語、韓国語の解説文が掲示されている。入口すぐのところにあるCT152号蒸気機関車の日本語解説文は以下のとおり。

形式:台鉄CT152号蒸気機関車
メーカー:日本大阪汽車製造会社
製造年:1918年(大正7年)
使用停止年:1978年
用途:旅客列車用、西部本線、山線の補助機関車
特長:1.車輪直径が大きい、速度が速い
   2.テンダー式で長距離走行に適し
   3.除煙板付きサービス性向上

日本の8620形蒸気機関車と同形機であるらしい(2019年5月8日撮影)。

DSC09564.JPG


阿里山鉄路28号蒸気機関車。米国ライマ社1913年製。旅客列車用。1973年使用停止(2019年5月8日撮影)。

DSC09572.JPG


台鉄DT561号蒸気機関車。米国A. L. American Locomotive社1920年製。貨物列車用。1979年使用停止(2019年5月8日撮影)。

DSC09578.JPG


台糖鉄路331号蒸気機関車。日本車両製造1935年製。サトウキビ運搬列車の牽引用(2019年5月8日撮影)。

DSC09585.JPG


西部幹線の彰化駅から徒歩10分ほどのところに扇形車庫があり、台湾の人も多くが見学に訪れる観光スポットになっている。ここにも2両のSLがある。DT668号蒸気機関車。川崎車輌1941年製。D51形蒸気機関車と同形機(2016年12月1日撮影)。

DSC08384.JPG


同じく彰化扇形車庫のCK124号蒸気機関車。日本車輌製造1936年製。C12形蒸気機関車と同形機(2016年12月1日撮影)。

DSC08387.JPG


続いては阿里山森林鉄道関連のSL。まずは嘉義駅と北門駅の中間にある車庫で見かけた23号蒸気機関車。米国ライマ社1912年製(2016年9月29日撮影)。

DSC04503.JPG


奮起湖駅の車庫は火車展示館になっていて、機関車などが公開されている。車庫内にある18号蒸気機関車。米国ライマ社1912年製(2016年9月30日撮影)。

DSC04957.JPG


同じく奮起湖駅の車庫内にある29号蒸気機関車。米国ライマ社1913年製(2016年9月30日撮影)。

DSC05017.JPG


高雄に近い観光鉄道「五分車之旅」はかつてのサトウキビ鉄道を観光化したもので、MRTの橋頭糖廠駅から高雄花弁中心までを片道10分ほどで往復。終点の高雄花弁中心駅前に展示されていた小さなSL。行ったのが台風通過直後であったため、折れた木の枝が覆い被さっていた(2016年10月1日撮影)。

DSC05346.JPG


明日はタイのSLをご紹介。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年09月03日 14:12
台湾鉄道の写真懐かしく拝見。
私も台湾を一周鉄道の旅をして、ゆっくり走る鉄道の楽しさを実感しました。

阿里山鉄道も乗り、帰りは豪雨で不通になり、がけ崩れの前後で列車に乗り換えるという忘れられない経験もしました。

コロナも収束し機会があればまたゆっくりと楽しみたいものです。
りょうさん
2020年09月05日 13:51
今田元喜さま

コメント有難うございます。

7カ月ぶりの鉄道旅に出かけて昨夜戻って来ましたので、返信が遅くなりすみません。

私も台湾の鉄道が好きで、今年4月にも台湾の木造駅舎を訪ねる旅を予定していたのですが、コロナで飛行機が飛ばず行けなくて残念でした。

コロナが収束して台湾に行けるようになったら再チャレンジしたいと思います。