2019年を振り返って

リタイア後6年目の2019年もあとわずかとなった。今年も鉄道とヴァイオリンを中心とした趣味を楽しんできた。この1年について振り返ってみたい。 1月 奥羽本線の秘境駅めぐり 2月 家内と流氷を見に網走へ 3月 留萌本線と根室本線の駅めぐり 4月 大井川鉄道・大井川本線の全18駅下車 5月 台鉄・海線の全駅下車 5月 家内と…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄新横浜線

2019年12月26日(木)のつづき。今年3月に地下化した京急大師線・産業道路駅に行ってから川崎に戻り、南武線の電車で武蔵小杉へ。相鉄線直通電車のホームは南武線ホームから300m以上離れており、長い連絡通路を歩かされた。横須賀線や湘南新宿ラインも発着するホームなのだが。 武蔵小杉12時23分発の相鉄線直通電車に乗った。相鉄1200…
コメント:0

続きを読むread more

京急大師線・産業道路駅

今冬の青春18きっぷが1日分余りそうなので、本日2019年12月26日(木)に東京に行ってきた。正月用の買い出しが主目的であるが、京急大師線と相鉄新横浜線に乗ってきた。 京急大師線は本年3月に産業道路駅が地下化されてからまだ行けていなかった。相鉄新横浜線は本年11月30日に開業した線で、相鉄からJR乗り入れで新宿までの直通電車が走…
コメント:0

続きを読むread more

日豊本線の秘境駅めぐり(4)-餅原、青井岳駅

2019年12月12日(木)のつづき。日向沓掛(ひゅうがくつかけ)11時09分発の下り列車はキハ47形気動車2両編成。電化区間なのにまたもや気動車である。セミクロスシートの1両目には客8人と空いている。 田野の先はまもなく山越え区間となる。けっこう山深い。次の青井岳は後で来るのでそのまま乗っていく。山を抜けると盆地になり、山之口。…
コメント:0

続きを読むread more

日豊本線の秘境駅めぐり(3)-田野、日向沓掛駅

2019年12月12日(木)のつづき。宗太郎6時54分発の下り普通列車で延岡には7時26分に帰り着いた。7時36分発の下り普通列車に乗り継ぐ。817系電車2両編成のワンマン運転。左の窓際に座る。 このあとは秘境駅の餅原(もちばる)と青井岳に行く予定だが、少し時間があるのであと2駅ほど寄っていこうと思う。木造駅舎のある田野(たの)駅…
コメント:0

続きを読むread more

日豊本線の秘境駅めぐり(2)-宗太郎駅

2019年12月12日(木)は朝一番で秘境駅の宗太郎を訪問。そのあとは秘境駅の餅原(もちばる) と青井岳を訪問して宮崎空港から帰途につく。 5時50分にホテルをチェックアウトして延岡駅へ。延岡6時10分発の上り普通列車は1番線ホームの4号車乗り場で待つように言われた。待っていると南延岡発の列車がやってきたが、787系特急車両4両編…
コメント:0

続きを読むread more

日豊本線の秘境駅めぐり(1)-東都農駅

2019年12月11日(水)から12日(木)まで1泊2日で宮崎に行ってきた。日豊本線の宗太郎駅など4つの秘境駅を訪問したので、今日からその様子を書く。 12月11日(水)は内房線の最寄り駅をゆっくり10時過ぎに出て、千葉乗り換え成田の空港第2ビルには11時41分に着いた。きっぷは例によって青春18きっぷ。いつもは朝早く出かけるのだ…
コメント:0

続きを読むread more

東京交響楽団の第9

日豊本線の駅めぐりのブログを書く前に、本日のコンサートについて書いておく。 今年もベートーヴェンの交響曲第9番の季節がやってきた。毎年家族4人で聴きに行っているが、今年は曜日繰りの関係で年末はスケジュールが合わなかったので、本日2019年12月14日(土)に行ってきた。 場所はミューザ川崎シンフォニーホール、オーケストラは東…
コメント:0

続きを読むread more

古瀬駅と南弟子屈駅

日豊本線の秘境駅めぐりについて書く前に、本日2019年12月13日(金)にJR各社は2020年3月ダイヤ改正のニュースを発表したので、JR北海道の駅廃止について書く。ダイヤ改正は2020年3月14日(土)である。 JR北海道はご利用の少ない駅として、根室本線の古瀬駅と釧網本線の南弟子屈(みなみてしかが)駅を廃止すると発表した。 …
コメント:0

続きを読むread more

宮崎に行ってきます

明日2019年12月11日(水)から12日(木)まで1泊2日で宮崎に行ってこようと思う。日豊本線の宗太郎などの秘境駅に行くのが目的。 航空券は8月にジェットスターのセールで成田~宮崎往復を2,378円の格安で手に入れた。宮崎に着いてからは青春18きっぷで秘境駅をまわる。全部で4駅に下車予定。 概略の行程は8月30日のブログに…
コメント:0

続きを読むread more

ペッテション=ベリエルの「旅の思い出」

タワーレコードオンラインに注文していたペッテション=ベリエルのCDが手に入ったのでその感想を書く。ペッテション=ベリエルはこれまでもたびだひブログを書いているスウェーデンの作曲家。 Swedish Society Discofilから2004年9月に発売されたCDでペッテション=ベリエル:ピアノ作品全集Vol.3「旅の思い出」(S…
コメント:0

続きを読むread more