鉄道と音楽の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 根室本線の秘境駅めぐり(7)−厚岸、門静、尾幌駅

<<   作成日時 : 2017/04/21 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月12日(水)は昨日に続いて釧路を朝早く発ち、花咲線の駅を訪問して釧路に戻る。昨日は根室寄りの9駅に下車したが、今日はそれより釧路寄りの7駅に下車する。

今日も朝早くホテルを出る。といっても5時20分にならないと駅が開かないのが昨日わかったので、今日はギリギリ5時20分に駅に行った。昨日までの晴天と打って変わって今日は朝から冷たい雨が降っている。

昨日と同じ5時35分発の根室行き快速「はなさき」に乗る。キハ54形気動車1両。しかし今日の乗客は私ひとりだ。定刻に発車。次の東釧路を出ると厚岸(あっけし)まで約40分間ノンストップである。この間に5駅あるが、下車するためにはいったん厚岸まで行ってから戻ってくるしかない。

雨の原生林を抜け、6時21分に厚岸に着いた。ここで下車。列車は客無しのまま出ていった。

厚岸駅は2面2線のホームを有する有人駅。大きな駅舎があり、大きな駅前広場の向こうに街並みが広がっている。ちょうど通学時間帯なので、クルマで送ってもらった高校生が次々と駅舎に入ってくる。

6時40分発の厚岸始発釧路行き普通列車はキハ54形気動車2両だが、既に高校生でいっぱいだ。いちばん前に立つ。

雨の厚岸湾に沿って走る。海から離れ始めた門静(もんしず)で6時45分にひとり下車。この駅からも高校生が4人ほど乗車した。

門静駅は1面1線のホームに建て替えられた小さな木の駅舎。待合室は1.5m×2mくらいの狭さ。駅ノートがあったので記入。駅のまわりは厚岸の町外れの住宅地でクルマ通りも多い。しとしとと雨がやまない。

この時間帯は約30分後に続けて釧路行き列車が来る。7時14分発の列車は根室を早朝に発車してきたキハ54の1両。門静から3人乗り込む。40人くらい乗っている。いちばん前に立つ。

7時24分の尾幌(おぼろ)でひとり下車。この駅からも1人乗車した。1面1線のホームにかわいい動物の絵が描かれたダルマ駅舎。前々から通過するたびに気になって、車内から写真を撮っていた駅舎である。ゆっくり絵を眺める。駅ノートがあったので記入。

民家の並ぶ駅前道路をまっすぐ200mほど行くとセブンイレブンがあった。トイレを借りてコーヒーを飲む。それから8時15分に駅に戻ったが、次の列車までまだ40分ほどある。雨はやみそうにない。ダルマ駅舎の中でスマホを見て時間を過ごした。

写真は厚岸駅(2017年4月12日撮影)。

画像


門静駅(2017年4月12日撮影)。

画像


尾幌駅に着いたキハ54形気動車(2017年4月12日撮影)。

画像


尾幌駅舎(2017年4月12日撮影)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
根室本線の秘境駅めぐり(7)−厚岸、門静、尾幌駅 鉄道と音楽の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる