テーマ:中国四国

芸備線の駅めぐり(10)-「ゆったりやくも」

旅の3日目・2021年10月9日(土)のつづき。備後三日市13時30分発の備後落合行きに子連れ若夫婦の4人とともに乗る。キハ120形気動車1両に客は30人ほど。今日は土曜日なので客が多い。車両の前後端で立って写真を撮る人が数人いる。ロングシートに座り、芸備線の車窓風景を楽しんでいく。 14時21分に備後落合着。昨日同様3本の列車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(9)-山ノ内、七塚、備後三日市駅

旅の3日目・2021年10月9日(土)のつづき。高駅9時42分発のキハ120形気動車に私ひとり乗り込んで客は4人。備後庄原を越えてさらに3駅先の山ノ内(やまのうち)で10時04分に私ひとり下車。 ホームで写真を撮っている人がいた。横浜の男性で、岡山でレンタカーを借りて駅の写真を撮っていると言う。今回の旅で初めて言葉をかわした駅マニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(8)-備後庄原、平子、高駅

旅の3日目・2021年10月9日(土)は芸備線の5駅に訪問した後、新見に抜けて岡山経由で帰る。 今日は少しゆっくり起きて7時にホテル比婆荘をチェックアウト。外は霧だ。駅までの道は下りなので来た時よりはラクだが、それでも12分ほどかかった。 備後庄原駅の有人窓口で平子(ひらこ)までの切符を買う。マルス発券であった。備後庄原駅は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(7)-備後西城、比婆山駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。備後落合14時43分発の三次行きはキハ120形気動車1両に客は30人くらい。2駅先の備後西城(びんごさいじょう)で下りるので、一番前に立っていく。 備後落合を出ると右下方に木次線の線路が分かれていく。芸備線はすぐまた川沿いの渓谷に入っていくが、今度は対岸に道路が見えるので、それほど山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(6)-矢神、備後落合駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。きらめき広場で昼食を済ませたあと、12時10分に出てバス道路(と言ってもセンターラインのない狭い道であるが)を歩く。1.7km約25分歩いて矢神(やがみ)駅に着いた。 矢神駅の木造駅舎も半分取り壊されて待合室だけになっている。しかし残された部分は昔の雰囲気を残している。ホームは千鳥状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(5)-東城、市岡駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)のつづき。備後八幡駅でバスに乗り遅れ、タクシーで東城(とうじょう)駅に着いたところから。 東城駅は大きな駅で有人。駅舎は昔の雰囲気を残しつつ、きれいに改修されている。2面あるホームは1面しか使われておらず、跨線橋は上り口に板が打ち付けられて封鎖されていた。 東城始発の8時54分発新見行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(4)-小奴可、備後八幡駅

旅の2日目・2021年10月8日(金)は芸備線・新見~備後庄原間の7駅に訪問し、備後庄原に泊まる。 朝4時20分に早起きして、5時に新見ビジネスシティーホテルをチェックアウト。まだ真っ暗な中、5分歩いて新見駅へ。 芸備線始発の5時17分発備後落合行きはキハ120形気動車1両。客は3人。途中駅をいくつか通過。5時46分の東城か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(3)-坂根、野馳駅

2021年10月7日(木)のつづき。秘境駅・内名を1時間あまり楽しんでから、15時06分発の新見行きキハ120形気動車1両に乗った。地元女性と2人乗りこんで客は9人。 再びV字渓谷を抜け、東城からは山里を走り、15時46分の坂根で私ひとり下車。 坂根駅は片面ホームだが、向かい側にかつてのホーム跡が残っている。トイレの横のオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(2)-内名駅再訪

2021年10月7日(木)のつづき。新見13時02分発の芸備線普通列車に乗った。キハ120形気動車1両に客は11人。うち半数は地元の人で残りが旅行者。車内は4人がけのボックスが4つとあとはロングシートだが、右側のボックス席を確保できた。 芸備線は備後落合~広島間を2004年3月に初乗車。2009年4月に新見~備後落合間初乗車した際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅めぐり(1)-伯備線・美袋駅

2021年10月7日(木)から9日(土)まで芸備線の新見~備後庄原間の駅めぐりに行ってきた。今日からその様子を書く。 10月7日(木)は内房線の最寄り駅を始発で発った。泊りがけの旅行は昨年11月以来11カ月ぶり。久しぶりの鉄道旅に心がわくわくする。 千葉で快速に乗り換えて東京には6時32分に着いた。6時42分発ののぞみ201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線に行ってきます

先週のブログにも書いたが、明日2021年10月7日(木)から9日(土)まで芸備線の新見~備後庄原間の駅めぐりに行ってきます。 鉄道旅に出かけるのは昨年11月の石北本線以来11カ月ぶり。芸備線に乗るのは昨年1月以来となる。 行程を再掲します。 10月7日(木) 新幹線で岡山まで行き、普通列車に乗り継いで新見へ。内名駅を再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2021年10月は芸備線に行こうと思う

本日2021年9月30日(木)をもって緊急事態宣言が終了する。10月以降は制限の緩和を段階的に行うとのことであるが、旅行など都道府県間の移動は基本的な感染防止策を徹底することが要請されるだけとなった。 もうずいぶん長い間鉄道旅行に行けていない。この前出かけたのは2020年11月初めの北海道。その後はコロナ感染者が増加して緊急事態宣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線の駅(3)-江平~三次間

三江線の駅の写真3回目。 江平(ごうびら)駅。片面ホームに屋根つきベンチと別に小さなベニア板張りの待合室があった。近隣には民家がぽつぽつ(2018年3月2日撮影)。 柞木口(さくぎぐち)駅。道路を隔てて江の川が見渡せる絶景駅。しかし片面ホームに屋根つきベンチがあるだけでブロックの囲いもない。風が吹いたら寒いだろう。列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線の駅(2)-乙原~口羽間

三江線の駅の写真2回目。 乙原(おんばら)駅。石見川本からここまで3駅間を2時間かけて歩いて来た。三江線は昼間ほとんど列車がなかったのだ。階段を登ったところに片面ホームと待合室があるだけ(2018年3月1日撮影)。 岩見柳瀬(いわみやなせ)駅。木造駅舎はこぢんまりとしたものだが、改札ラッチの木は古く擦り切れていて良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線の駅(1)-江津~竹間

今の時期は大人の休日倶楽部パスが使えるので、久しぶりに東北へ鉄道旅行に行きたいと思っていたが、諸般の事情があって行けなくなった。それでまた過去の写真を掲載する。本日から3回に渡って、2018年3月末をもって廃止された三江線の全駅。 三江線は2017年3月と2018年2月の2回に分けて全駅訪問した。ぎりぎりであったが、廃止前に訪問で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅

JR西日本は2021年6月14日に「芸備線沿線の地域公共交通計画に関する申入れについて」という記事をニュースリリースした。芸備線・庄原市~新見市内の沿線地域の関係自治体に対して、地域公共交通計画策定・見直しに向けた検討の場の設定または参加を申し入れた。 いよいよ廃止になるのだろうか。芸備線は私の好きな路線のひとつだが、まだ訪問でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(8)-美作河井、知和駅

2020年1月11日(土)のつづき。津山11時35分発の因美線普通列車はキハ120形気動車1両。客は30人ほど。 12時16分の美作河井で下車。駅は山の斜面にあり、下の方から見える位置に「矢筈城趾」の大きな看板が立っている。このあたりの山には中世時代に大きな山城があったのだ。 駅の津山寄りに手動の転車台が残っている。このよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(7)-津山まなびの鉄道館

2020年1月11日(土)のつづき。美作滝尾駅から津山に戻って「津山まなびの鉄道館」を目指した。駅前を左に行き、線路に沿って歩いて踏切を渡る。案内板に従って10分ほどで「津山まなびの鉄道館」に着いた。扇状車庫を中心とする鉄道スポットである。 入場料は300円。入館券は硬券入場券を思わせる厚紙製。「吉備の国くまなくおでかけパス」を提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(6)-美作滝尾駅

2020年1月11日(土)は因美線の木造駅舎・美作滝尾(みまさかたきお)と美作河井、および秘境駅・知和(ちわ)を訪問し、「津山まなびの鉄道館」にも立ち寄ってから帰途につく。 6時30分にホテルをチェックアウトして津山駅へ。昨日買った「吉備の国くまなくおでかけパス」で入場。津山6時47分発の因美線・下り快速列車に乗った。キハ120形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(5)-備中神代、道後山駅

2020年1月10日(金)のつづき。新郷(にいざと)12時38分発の新見行きは115系電車2両編成。12時52分の備中神代(びっちゅうこうじろ)で地元のおばさんと2人下車。 備中神代駅は伯備線から芸備線が分かれる駅。2面3線ホーム。ゲート状の入口とコンテナ待合室がある。駅前には民家10軒ほどあって、秘境駅ではない。 跨線橋を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(4)-方谷、新郷駅

2020年1月10日(金)のつづき。秘境駅の内名(うちな)と布原で下車して、9時29分に新見に戻ってきたところから。 今シーズンの青春18きっぷは本日が最終日なので、明日は「吉備の国くまなくおでかけパス」を使うつもりである。駅窓口に「吉備の国くまなくおでかけパス」がほしいと言うと、ネットで予約しないと買えないとのこと。指定席券売機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(3)-内名、布原駅

2020年1月10日(金)は芸備線、伯備線の秘境駅5駅で下車してから、姫新線で津山まで行く。早起きして5時にホテルをチェックアウト。新見5時18分発の芸備線・備後落合行き始発快速列車に乗った。キハ120形気動車1両に乗客は私ひとり。外はまだ真っ暗だ。 6時05分の内名(うちな)で下車。列車は乗客なしで出ていった。まだ真っ暗である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(2)-新見まで

2020年1月9日(木)のつづき。9時30分発予定の春秋航空日本IJ621便は16時00分にようやく成田空港から離陸。広島空港には6時間10分遅れの17時20分に着陸した。 ここからは芸陽バスで山陽本線の白市駅へ。広島空港からは各地に空港バスが走っているが、青春18きっぷを活かすために最も短い路線を選んだ。白市駅まで13分400円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(1)-成田空港にて

2020年1月9日(木)から11日(土)まで中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行ってきた。今日からその様子を書く。 1月9日は内房線の最寄り駅を6時過ぎに出たのであるが、ホームで春秋航空日本からのメールが来ていることに気づいた。 本日未明2時50分発のメールで、9時30分発予定の広島行きIJ621便は14時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山に行ってきます

明日2020年1月9日(木)から11日(土)まで岡山県に行く。中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行くのが目的。 きっぷは最初の2日間は青春18きっぷを使うが、今シーズンの青春18きっぷは1月10日までなので、最終11日は「吉備の国くまなくおでかけパス」を使う予定。 概略の行程は11月22日のブログにも書いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月は岡山に行こうと思う

2019年も残り少なくなってきたが、12月には1泊2日で宮崎県の秘境駅を訪問しようと思っている。そして年明けの2020年1月は岡山方面に行くことにした。中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行くのが目的。 例によってLCCを使いたいのだが、岡山空港にはLCCが飛んでいない。中国地方で成田からのLCCが飛んでいるのは春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(10)-口羽、江平、尾関山駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)のつづき。金曜日のみ運行の「おおなんバスけんこう号」に宇都井駅から乗り、12時50分に口羽(くちば)駅に着いたところから。 一緒に乗ってきた広島の初老夫婦は宇都井のカフェで昼食を食べるつもりが閉まっていたのでバスで口羽に来たとのこと。しばし話してから、13時20分にはひとり隣駅の江平(ごうびら)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(9)-香淀、宇都井駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)のつづき。9時に式敷(しきじき)駅を出て、歩いて式敷大橋を渡った。橋は道路工事中であった。 橋を渡りきったあたりに式敷大橋のバス停があるはずなのだが、何も見当たらない。これにはちょっとあせってしまった。バスに乗れない場合、歩いて次の香淀(こうよど)駅まで行くことは可能だが、また2.9km歩かない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(8)-作木口、所木、信木、式敷駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)は三江線の三次寄り7駅および天空の駅・宇都井(うづい)駅を訪問し、芸備線で広島に出て夜行の高速バスで帰途につく。 4時45分起床。5時間も寝られなかったので眠い。5時15分にはホテルをチェックアウトしてまだ真っ暗な中を三次駅へ。 5時25分に駅に着いてみると既に3番線の三江線ホームには30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(7)-粕淵、石見梁瀬、浜原駅

旅の2日目・2018年3月1日(木)のつづき。乙原(おんばら)駅で待っていると17時19分に37分遅れで三次行きの列車がやってきた。キハ120形気動車2両の石見神楽号である。昨日江津から田津まで乗った列車で、三次まで直通なので観光客が多く、50人くらいの客が乗っている。 17時36分の粕淵(かすぶち)で地元客、テツ一人とともに下車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more