テーマ:中国四国

中国山地の秘境駅めぐり(8)-美作河井、知和駅

2020年1月11日(土)のつづき。津山11時35分発の因美線普通列車はキハ120形気動車1両。客は30人ほど。 12時16分の美作河井で下車。駅は山の斜面にあり、下の方から見える位置に「矢筈城趾」の大きな看板が立っている。このあたりの山には中世時代に大きな山城があったのだ。 駅の津山寄りに手動の転車台が残っている。このよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(7)-津山まなびの鉄道館

2020年1月11日(土)のつづき。美作滝尾駅から津山に戻って「津山まなびの鉄道館」を目指した。駅前を左に行き、線路に沿って歩いて踏切を渡る。案内板に従って10分ほどで「津山まなびの鉄道館」に着いた。扇状車庫を中心とする鉄道スポットである。 入場料は300円。入館券は硬券入場券を思わせる厚紙製。「吉備の国くまなくおでかけパス」を提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(6)-美作滝尾駅

2020年1月11日(土)は因美線の木造駅舎・美作滝尾(みまさかたきお)と美作河井、および秘境駅・知和(ちわ)を訪問し、「津山まなびの鉄道館」にも立ち寄ってから帰途につく。 6時30分にホテルをチェックアウトして津山駅へ。昨日買った「吉備の国くまなくおでかけパス」で入場。津山6時47分発の因美線・下り快速列車に乗った。キハ120形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(5)-備中神代、道後山駅

2020年1月10日(金)のつづき。新郷(にいざと)12時38分発の新見行きは115系電車2両編成。12時52分の備中神代(びっちゅうこうじろ)で地元のおばさんと2人下車。 備中神代駅は伯備線から芸備線が分かれる駅。2面3線ホーム。ゲート状の入口とコンテナ待合室がある。駅前には民家10軒ほどあって、秘境駅ではない。 跨線橋を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(4)-方谷、新郷駅

2020年1月10日(金)のつづき。秘境駅の内名(うちな)と布原で下車して、9時29分に新見に戻ってきたところから。 今シーズンの青春18きっぷは本日が最終日なので、明日は「吉備の国くまなくおでかけパス」を使うつもりである。駅窓口に「吉備の国くまなくおでかけパス」がほしいと言うと、ネットで予約しないと買えないとのこと。指定席券売機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(3)-内名、布原駅

2020年1月10日(金)は芸備線、伯備線の秘境駅5駅で下車してから、姫新線で津山まで行く。早起きして5時にホテルをチェックアウト。新見5時18分発の芸備線・備後落合行き始発快速列車に乗った。キハ120形気動車1両に乗客は私ひとり。外はまだ真っ暗だ。 6時05分の内名(うちな)で下車。列車は乗客なしで出ていった。まだ真っ暗である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(2)-新見まで

2020年1月9日(木)のつづき。9時30分発予定の春秋航空日本IJ621便は16時00分にようやく成田空港から離陸。広島空港には6時間10分遅れの17時20分に着陸した。 ここからは芸陽バスで山陽本線の白市駅へ。広島空港からは各地に空港バスが走っているが、青春18きっぷを活かすために最も短い路線を選んだ。白市駅まで13分400円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国山地の秘境駅めぐり(1)-成田空港にて

2020年1月9日(木)から11日(土)まで中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行ってきた。今日からその様子を書く。 1月9日は内房線の最寄り駅を6時過ぎに出たのであるが、ホームで春秋航空日本からのメールが来ていることに気づいた。 本日未明2時50分発のメールで、9時30分発予定の広島行きIJ621便は14時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山に行ってきます

明日2020年1月9日(木)から11日(土)まで岡山県に行く。中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行くのが目的。 きっぷは最初の2日間は青春18きっぷを使うが、今シーズンの青春18きっぷは1月10日までなので、最終11日は「吉備の国くまなくおでかけパス」を使う予定。 概略の行程は11月22日のブログにも書いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月は岡山に行こうと思う

2019年も残り少なくなってきたが、12月には1泊2日で宮崎県の秘境駅を訪問しようと思っている。そして年明けの2020年1月は岡山方面に行くことにした。中国山地の山間にある芸備線、伯備線、因美線の秘境駅に行くのが目的。 例によってLCCを使いたいのだが、岡山空港にはLCCが飛んでいない。中国地方で成田からのLCCが飛んでいるのは春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(10)-口羽、江平、尾関山駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)のつづき。金曜日のみ運行の「おおなんバスけんこう号」に宇都井駅から乗り、12時50分に口羽(くちば)駅に着いたところから。 一緒に乗ってきた広島の初老夫婦は宇都井のカフェで昼食を食べるつもりが閉まっていたのでバスで口羽に来たとのこと。しばし話してから、13時20分にはひとり隣駅の江平(ごうびら)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(9)-香淀、宇都井駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)のつづき。9時に式敷(しきじき)駅を出て、歩いて式敷大橋を渡った。橋は道路工事中であった。 橋を渡りきったあたりに式敷大橋のバス停があるはずなのだが、何も見当たらない。これにはちょっとあせってしまった。バスに乗れない場合、歩いて次の香淀(こうよど)駅まで行くことは可能だが、また2.9km歩かない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(8)-作木口、所木、信木、式敷駅

旅の3日目・2018年3月2日(金)は三江線の三次寄り7駅および天空の駅・宇都井(うづい)駅を訪問し、芸備線で広島に出て夜行の高速バスで帰途につく。 4時45分起床。5時間も寝られなかったので眠い。5時15分にはホテルをチェックアウトしてまだ真っ暗な中を三次駅へ。 5時25分に駅に着いてみると既に3番線の三江線ホームには30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(7)-粕淵、石見梁瀬、浜原駅

旅の2日目・2018年3月1日(木)のつづき。乙原(おんばら)駅で待っていると17時19分に37分遅れで三次行きの列車がやってきた。キハ120形気動車2両の石見神楽号である。昨日江津から田津まで乗った列車で、三次まで直通なので観光客が多く、50人くらいの客が乗っている。 17時36分の粕淵(かすぶち)で地元客、テツ一人とともに下車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

廃止間近の三江線(6)-石見川本、木路原、竹、乙原駅

旅の2日目・2018年3月1日(木)のつづき。12時07分に山陰本線・波子(はし)駅から浜原行き列車に乗ったところから。 列車は先ほど久代(くしろ)で下りたキハ120形気動車1両が浜田から折り返してきたもの。私ひとり乗り込んで客は計5人。この列車は江津から三江線に乗り入れて浜原まで行く。 江津の1駅手前の都野津(つのづ)から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(5)-江津本町駅、山陰本線・久代駅

旅の2日目・2018年3月1日(木)のつづき。川戸9時01分発の江津経由浜田行きは4分遅れでやってきた。倒木の影響だという。この日は一日中強風で、列車の遅れに悩まされることになった。 この列車には川戸から8人乗り込んだ。キハ120形気動車1両に客は20人。三次を5時38分に出てきた始発列車である。秘境駅の千金(ちがね)で駅マニアと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(4)-因原、川戸駅

旅の2日目・2018年3月1日(木)は三江線の7駅を訪問してから三次まで行って泊まる。また昼間三江線の列車が走っていない時間帯を利用して、山陰本線の秘境駅・久代(くしろ)駅にも立ち寄るつもりだ。 まだ真っ暗な5時半にホテルをチェックアウト。スーパーホテルは部屋の鍵が暗証番号方式のため、チェックアウト時にフロントに立ち寄る必要がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(3)-石見川越、鹿賀駅

2018年2月28日(水)のつづき。田津(たづ)駅に18分ほどいてから16時15分に隣の石見川越(いわみかわごえ)駅に向けて歩き出した。駅間距離は3.0km。線路に沿った1車線の道路沿いに民家がぽつぽつ並ぶ。道路の端にはかき寄せられた雪が残っている。 間もなく民家は途切れ、20分ほどで江の川の川岸に出た。アップダウンは少なくて歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(2)-田津駅

2018年2月28日(水)のつづき。一畑電車に少しだけ乗って、13時23分に電鉄出雲市駅に戻ってきたところから。 みやげのご当地キティを買い、JR出雲市駅改札口の向かいにあるそば屋「黒崎」へ。出雲名物の割子そば660円を注文。3段重ねの小さな容器に入ったそばで、だし汁をかけて食べる。コシの強い黒いそばが美味しい。 今日は青春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の三江線(1)-一畑電車・川跡駅

2018年2月28日(水)から3月3日(土)の朝まで、3月末で廃止される三江線に乗りに行った。今日からその様子を書く。 2月28日は羽田空港10時15分発のJAL279便で出雲空港に飛んだ。2月末まではディスカウントマイル期間で、特典航空券が少ないマイルで手に入る。そのためこの日を出発日にしたのである。 出雲まではディスカウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線に乗りに行きます

明日2018年2月28日(水)から3月3日(土)の朝まで、廃止間近の三江線に乗りに行く。三江線は大雪の影響で1月11日から運転を見合わせていたが、先週2月24日に全線運転再開したようである。 おおよそのスケジュールは2017年12月28日のブログにも書いたが、以下のとおり。なおその時は帰りの足が決まっていなかったが、結局広島から夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線の廃止前に乗りに行こうと思う

2018年3月末の三江線廃止までいよいよあとわずかとなった。今年2017年3月に三江線の16駅に訪問した。口羽~浜原間の8駅と、江津寄りの江津本町、千金、川平、竹、明塚、三次寄りの船佐、長谷、粟屋の計16駅である。しかしまだ行けていない駅が17駅残っている。それで何とか廃止前に残りの駅に行く計画を立てた。 三江線は一日4~5往復し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(10)-おまけの駅舎

2017年8月31日(水)から9月1日(金)まで四国の土讃線と予土線の駅めぐりをした。土讃線では何度かすれ違いのため停車したが、その都度ホームに下りて駅舎の写真を撮った。なかなか味のある駅舎も多かったので、ここに写真を掲載しておく。 なお土佐加茂駅以外はホーム側から見た駅舎の写真である。土佐加茂駅だけは駅舎側のホームに停車したので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(9)-琴電・滝宮駅

旅の3日目・2017年9月1日(金)の続き。「さぬきや」のたらいうどんでおなかいっぱいになったところで、箸蔵(はしくら)10時47分発の上り普通列車に乗った。坪尻からは先ほど入れ違いで下車した夫婦が乗り込んできた。 次の讃岐財田(さぬきさいだ)では特急「四国まんなか千年ものがたり号」が停車しているのに遭遇した。JR四国の観光列車で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(8)-坪尻、箸蔵駅

旅の3日目・2017年9月1日(金)はスイッチバックの秘境駅・坪尻(つぼじり)で下車してから、琴平に出て高松琴平電鉄で高松へ。夜のジェットスター便で成田へ。 今日も早起きして5時15分にホテルをチェックアウトして高知駅へ。まだ薄暗い。5時42分発の土讃線上り普通列車に乗る。1000形気動車2両編成。土佐大津で日が昇った。スイッチバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(7)-江川崎、真土駅

旅の2日目・2017年8月31日(木)の続き。「しまんトロッコ1号」で15時42分に江川崎に着いたところから。江川崎駅は1面2線のホームに木造駅舎。待合室には「ここは日本でいちばん暑い駅です。」と書かれたポスターが貼られている。江川崎は2013年に日本最高の気温41.0℃を記録しているのだ。 駅周辺には数十軒の民家。駅隣接の四万十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(6)-土佐大正駅と「しまんトロッコ」

旅の2日目・2017年8月31日(木)の続き。家地川(いえぢがわ)駅には7分いただけで、13時41分発の宇和島行き列車に乗った。カッパが描かれた海洋堂ホビートレイン。13時54分の土佐大正で下車。このあとはここから14時56分発のトロッコ列車「しまんトロッコ1号」に乗る。 土佐大正駅は1面2線のホーム。階段を降りると古そうな感じに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(5)-土佐昭和、家地川駅

旅の2日目・2017年8月31日(木)の続き。十川(とおかわ)駅からは隣の土佐昭和駅まで歩こうかと思っていたが、距離は4.5kmある。ちょうどこの日は十川駅に着いてから19分後の11時22分に四万十町コミュニティバスが駅前を通ることになっている。コミュニティバスは町内の各地区を週1回ずつ運行しており、木曜日にこの付近を通るのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(4)-半家、十川駅

旅の2日目・2017年8月31日(木)は高知から窪川まで行き、予土線の駅を7駅ほど訪問してから高知に戻る。0系新幹線ふうに改造した「鉄道ホビートレイン」や、トロッコ列車の「しまんトロッコ」にも乗車する。 高知6時08分発の土讃線窪川行き下り普通列車に乗った。青春18きっぷなので、早起きだ。1000形気動車1両のワンマンカー。右前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国の秘境駅旅(3)-土佐北川駅

2017年8月30日(水)のつづき。新改(しんがい)駅には67分いて、16時40分発の上り普通列車に埼玉の青年と乗りこんだ。3駅戻って17時00分の土佐北川で埼玉氏と下車。鉄橋の上に1面2線のホームがある秘境駅。 ホームから下を覗くと、線路の間にある鉄網の隙間から下を流れる川が見える。水は澄んでいてきれいだが、ちょっと足がすくむ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more