テーマ:近畿

生駒ケーブル・梅屋敷駅

2019年10月31日(木)のつづき。霞ヶ丘から生駒山上行きの上りケーブルは30分以上待つことになる。一方、下りケーブルに乗ると霞ヶ丘~生駒山上間が未乗になる。それで終点の生駒山上まで歩くことにした。 霞ヶ丘から石畳の階段を15分ほど登って生駒山上へ。駅のすぐ前に生駒山上遊園地があるが、本日は休園日で誰もいない。 自動券売機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生駒ケーブル・霞ヶ丘駅

2019年10月31日(木)のつづき。近鉄奈良線の電車を15時15分に生駒で下り、飲食店などが並ぶ連絡通路を2分ほど歩いて生駒ケーブルの鳥居前駅へ。ちょうど15時20分発のケーブルが出て行くところだった。次は20分後の15時40分発。 生駒ケーブルの正式名称は近畿日本鉄道・生駒鋼索線で、鳥居前~宝山寺間0.9kmの宝山寺線、および…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおさか東線

2019年10月31日(木)から11月1日(金)にかけて大津に帰省したついでに今春開業したおおさか東線の新大阪~放出(はなてん)間11.0kmに初乗車し、また秘境駅である生駒ケーブルの霞ヶ丘駅にも行ってきた。今日はおおさか東線について書く。 おおさか東線は2008年3月15日にまず放出~久宝寺間が開業し、この区間は2009年8月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津に帰省します

明日2019年10月31日(木)から11月1日(金)にかけて、1年ぶりに大津に帰省する。そのついでに今春開業したおおさか東線の新大阪~放出(はなてん)間11.0kmに初乗車し、また秘境駅である生駒ケーブルの霞ヶ丘駅にも行ってこようと思っている。 おおさか東線は今年の3月に開業したが、まだ乗れていない。これに乗ると現時点でのJR全線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も大津に帰省しようと思う

今月末2019年10月31日(木)から11月1日(金)にかけて、1年ぶりに大津に帰省しようと思う。9月26日にJTBのダイナミックパッケージを頼んでおいたが、本日旅程が確定したとのメール連絡があった。 東京~京都間の新幹線こだま号往復とホテルブルーレイク大津の1泊がついて21,900円。JTBのポイントが1,100ポイントたまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京阪電鉄石坂線の車両

京阪電鉄石坂線の駅めぐりをした時に見かけた車両の写真をアップしておく。 700形車両だが、昔の80形車両と同じカラーに塗装したもの(2018年9月27日大津市役所前駅で撮影)。 80形はかつて京津線の四宮~京阪三条間を走っていた各駅停車の車両。大学時代は80形に乗って通学していたので懐かしい。下車する東山三条駅は路面の停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京阪電鉄石坂線の駅めぐり(2)-大津市役所前、びわ湖浜大津駅

2018年9月27日(木)のつづき。京阪大津京からさらにひと駅乗って、次の大津市役所前で下車。元の別所駅。名前通り駅前に市役所がある。市役所の裏手には弘文天皇陵がある。大友皇子は天智天皇の死後、壬申の乱で大海人皇子(のちの天武天皇)と争って敗れ自害するのだが、その前に天皇に即位したかどうか定かでなかった。明治時代になって即位したと認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京阪電鉄石坂線の駅めぐり(1)-坂本比叡山口、近江神宮前、京阪大津京駅

2018年9月27日(木)に坂本ケーブルの秘境駅を訪れた後、京阪電鉄・石山坂本線(通称石坂線)のいくつかの駅を訪問したので紹介する。 石坂線は大津市の石山寺から坂本比叡山口までの14.1kmを結ぶ。駅は全部で21駅ある。駅間平均距離は700mほどで、走ったらすぐ停まるという感じ。2両編成の小さな車両が日中10分おきに走っている。以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本ケーブルの秘境駅(2)-もたて山駅

2018年9月27日(木)のつづき。「ほうらい丘」から琵琶湖と大津の町を遠くに見下ろしながらケーブルカーは登っていく。14時39分の「もたて山」で私と外国人女性が下車。私以外にも下りる人がいて、しかもそれが外国人女性とは全く意外である。 ここも山の斜面で森に囲まれ、民家はない。ホームは傾斜した木の板。小さな屋根つきベンチの待合所が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本ケーブルの秘境駅(1)-ほうらい丘駅

一昨日2018年9月27日(木)、大津に帰省した折に坂本ケーブルの秘境駅「ほうらい丘」と「もたて山」に行ってきたので駅を紹介する。 さてその日は内房線の最寄り駅を6時半に出て、東京からは7時56分発のこだま637号に乗った。JTBのダイナミックパッケージで東京~京都往復こだま号と大津のホテル1泊で21,700円の格安プランなのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年ぶりに大津に帰省しようと思う

今月末2018年9月27日(木)から28日(金)にかけて、1年ぶりに大津に帰省しようと思う。9月8日にJTBのダイナミックパッケージを頼んでおいたが、本日旅行書類が届いた。 東京~京都間の新幹線こだま号往復とホテルブルーレイク大津の1泊がついて21,700円。JTBのポイントが3,500ポイントたまっていたので、支払いは18,20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都鉄道博物館

2017年10月16日(月)に保津峡駅を訪問した後、京都鉄道博物館に立ち寄った。保津峡13時59分発の山陰本線上り普通列車に乗り、14時15分の丹波口で下車。ここから高架下を南に向かって歩き、約15分で京都鉄道博物館に着いた。 京都鉄道博物館は大阪の交通博物館と京都の梅小路蒸気機関車館の収蔵物を展示した博物館であり、梅小路蒸気機関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保津峡駅

2017年10月16日(月)から17日(火)まで法事で大津に帰省した。そのついでに山陰本線の秘境駅・保津峡駅に立ち寄ったのでブログに書いておく。 10月16日(月)は東京8時56分発のこだま641号に乗った。京都まで3時間38分かかるが、JTBのJRつき宿泊プランが安かったので利用した。東京~京都こだま号往復(復路グリーン車)に大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JRつき宿泊プラン

2017年10月17日(火)に法事で大津に帰ることになった。それで初めてJRつき宿泊プランを申し込んでみた。 JTBのエーススペシャルセットプランで、東京~京都のこだま号指定席往復に加え、10月16日(月)夜のホテルブルーレーク大津のシングルルーム1泊がついて21,500円のプランがあったので申し込んだ。 このプランはのぞみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇子山駅のこと

今日から4日前になるが、2017年2月13日に京阪電気鉄道株式会社は大津線の4駅の駅名を変更するとプレスリリースした。 浜大津 → びわこ浜大津 別所 → 大津市役所前 皇子山 → 京阪大津京 坂本 → 坂本比叡山口 変更は平成30年3月頃となっているのでまだ1年先の話ではあるが、大津生まれの私としては慣れ親しんだ駅名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッピング電車

今月大津に行った時に見かけたラッピング電車の写真をアップしておく。 京阪電車の石山坂本線(石坂瀬)では「ちはやふる」のラッピング電車を以前から時々見かけた。沿線にある近江神宮が全国高校かるた選手権大会の開催地だからだ。しかし今回大津を訪れた8月10日は点検日で走っていなかったようだ。 それ以外にもいろいろなラッピング電車が走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(6)-近江鉄道

旅の4日目2016年8月11日(木)の続き。信楽高原鐵道に乗って貴生川駅に戻ってきたところから。 近江鉄道に乗るのは2005年以来11年ぶりである。その時はカメラを持っていかなかったので写真が残っていない。それで今回は写真を残しておこうと思う。 貴生川9時14分発は「おーいお茶」がラッピングされた2両編成。かつて西武鉄道を走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(5)-信楽高原鐵道

大津で2泊して墓参りと親戚まわりを済ませた。旅の4日目2016年8月11日(木)は信楽高原鐵道と近江鉄道に乗ってから、青春18きっぷで東海道本線の普通列車を乗り継いで千葉まで帰る。 一昨日の夜大津に着いたのであるが、2年ぶりの大津はずいぶん変わってしまっていた。大津駅に隣接した平和堂は閉店になり、マンションに建て替えられるという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(4)-和歌山電鐵

旅の2日目2016年8月9日(火)の続き。紀州鉄道で14時18分に御坊に戻ってきたところから。 次の紀勢本線普通列車は14時33分発。1人がけと2人がけのシートが並ぶ転換クロスシートの223系電車。本日初めてクロスシートに座る。首をあまり曲げずに外を見られるのがうれしい。 加茂郷~冷水浦(しみずうら)間で岩場の海が見えるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(3)-紀州鉄道

旅の2日目2016年8月9日(火)のつづき。紀勢本線の普通列車を乗り継いで御坊駅に着いたところから。 御坊からは紀州鉄道に乗る。紀州鉄道は御坊から西御坊までの2.7kmを走るミニ鉄道だ。紀州鉄道のホームはJR紀勢本線の1番線向かいにある0番線ホーム。駅の名前はJR御坊である。 13時20分頃に入線してきたのはキテツ2と書かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(2)-紀勢本線

旅の2日目2016年8月9日(火)は松阪から紀勢本線の普通列車に乗り、新宮と紀伊田辺で乗り継いで御坊へ。紀州鉄道で西御坊まで往復。さらに和歌山に出て和歌山電鐵で貴志まで往復してから大津に出て泊まる。紀州鉄道と和歌山電鐵は初乗車である。 早起きして松阪5時20分発の紀勢本線新宮行き普通列車に乗った。この次の列車だと御坊に着くのが2時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近畿のローカル鉄道旅(1)-名松線

2016年8月8日(月)から8月11日(木)まで大津に帰るついでに近畿地方のローカル鉄道に乗車してきた。名松線、紀勢本線、紀州鉄道、和歌山電鐵、信楽高原鐵道、近江鉄道である。今日からその様子を書く。 例によって内房線最寄り駅を始発電車で出発した。この時期であるから切符は当然青春18きっぷである。千葉、横浜、平塚、熱海、興津、掛川、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名松線と紀州鉄道に乗りに行きます

明日2016年8月8日(月)から11日(木)まで久しぶりに大津に帰ろうと思っている。大津は生まれ故郷である。両親は既にいないが、兄弟が住んでいる。その前後に近畿地方のローカル鉄道に乗ってこようと思う。 8月8日は内房線の最寄り駅を始発で出て、青春18きっぷで東海道本線の普通列車を乗り継ぎ名古屋へ。関西本線で松阪に出て、名松(めいし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-京阪電鉄・京津線

京阪電鉄・京津(けいしん)線は滋賀県大津市の浜大津から京都市の御陵(みささぎ)まで7.5kmのローカル線である。御陵からは京都市交通局の地下鉄にそのまま乗り入れて京都市役所前まで行く。 このブログのあちこちに書いているように大津は私の生まれ故郷である。そして京都の大学に通うのにこの京津線を使っていた。私の大学時代の1970年代は2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-加古川線

加古川線は兵庫県の加古川から谷川までの48.5kmを結ぶローカル線である。 加古川線には2回に分けて乗車した。1度目は2006年5月で、三木鉄道に乗ったあと、厄神(やくじん)から粟生(あお)まで乗り、粟生から北条鉄道を往復した後さらに谷川まで乗車した。残りの加古川~厄神間については2007年3月に乗車した。 北条鉄道往復後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-播但線

播但線は姫路から和田山までの65.7kmを結ぶローカル線である。 2007年3月に乗車した。余部橋梁を訪問した後、山陰本線の普通列車を城崎温泉で乗り継ぎ、和田山に12時42分に着いた。ここから播但線で姫路に抜ける。 改札口で青春18きっぷに日付印を押してもらった。この日は豊岡から餘部に行った後で和田山まで引き返してきたのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-阪和線の東羽衣支線

阪和線は天王寺から和歌山までの61.3km、および途中の鳳(おおとり)から東羽衣までの1.7kmの支線からなる。この東羽衣支線が関西に最後に残った未乗線区となった。 2011年2月に和歌山線に乗ったあと、紀勢本線の和歌山~和歌山市間3.3kmをつぶし、さらに阪和線で日根野(ひねの)に出て関西空港線11.1kmをつぶした。 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-和歌山線

和歌山線は王子から和歌山までの87.5kmを結んでいる。 2011年2月に乗車した。関西本線の電車を9時12分着の王子で下車して和歌山線に乗り換えた。9時27分発の和歌山行きは4枚扉ロングシートの105系電車2両。ローカル線らしくない車両である。王子を出るとしばし奈良盆地をのんびり走る。 掖上(わきがみ)から山にかかるが、民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-関西本線

関西本線は名古屋からJR難波までの174.9kmを結んでいる。名古屋と大阪の近郊は通勤路線であるが、中間部の亀山~加茂間はローカル度が高い。 関西本線の一部に初めて乗ったのは大学2年生の秋で、当時住んでいた大津から紀勢本線を一周して大津まで戻る際に、亀山~柘植(つげ)間に乗ったのが最初である。1974年のことであった。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の思い出-嵯峨野観光鉄道

嵯峨野観光鉄道はトロッコ嵯峨からトロッコ亀岡までの7.3kmを走る。もともとの山陰本線なのであるが、山陰本線が平成元年に電化・複線化工事によって新線に付け替えられた後、使われなくなった旧線の線路に平成3年からトロッコ列車を走らせているものである。今では京都・嵐山観光の目玉のひとつになっている。 2013年10月に乗車した。この時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more