テーマ:タイ

タイ国鉄の駅の写真(5)-ロッブリ駅

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗った時の写真から。ロッブリ駅の写真も追加で掲載しておく。 ロッブリ駅舎(2019年9月6日撮影)。 駅前にあるSL(2019年9月6日撮影)。 切符売り場(2019年9月6日撮影)。 待合室(2019年9月6日撮影)。 荷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅の写真(4)-アユタヤ駅

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗った時の写真から。アユタヤ駅の写真も追加で掲載しておく。 アユタヤ駅正面(2019年9月5日撮影)。 切符売り場(2019年9月5日撮影)。 駅舎前のホームにあるベンチ(2019年9月5日撮影)。 駅舎側ホーム(2019年9月5日撮影)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅の写真(3)-ナコーン・ラチャシーマー駅

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗った時の写真から。タイ東北地方(イサーン)の中心都市であるナコーン・ラチャシーマーの駅については何枚かの写真を既にブログにあげたが、その他の写真も掲載しておく。 ナコーン・ラチャシーマー駅舎(2019年9月5日撮影)。 駅舎前にあるSL(2019年9月5日撮影)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅の写真(2)

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗った時の車内から見た駅の写真つづき。9月5日(木)ナコーン・ラチャシーマーからアユタヤまで3時間の急行列車の窓から撮った写真。 駅ではないが、少なくなった手動式踏切の写真(2019年9月5日撮影)。 ヒンラップ駅(2019年9月5日撮影)。 ファサデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄の駅の写真(1)

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗ってクメール遺跡をめぐる旅をしてきた。その様子は9月8日(日)から21日(土)のブログに書いた。タイでは初日に乗った寝台特急以外はエアコンのない3等車に乗ったので、車内から駅の写真をいっぱい撮った。駅マニアとしてここにそのいくつかを紹介しておこうと思う。 まずは9月4日(水)ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(14)-バンコクMRTブルーライン延伸区間

旅の4日目2019年9月6日(金)のつづき。ロッブリ12時20分発の快速RAP106号は4分遅れ。2枚扉セミクロスシートの気動車4両編成。1両目ボックス席の通路側に後ろ向きに何とかすわる。乗車率は90%くらい。 アユタヤで満席。アユタヤを出ると走りながら貨物列車を追い越した。このあたりは3本の線路が並行している。 やがてバン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(13)-ロッブリの遺跡めぐり・その2

旅の4日目2019年9月6日(金)のつづき。ロッブリ駅から線路に沿って北へ400mほど行くと、低い柵に囲まれた中に3基の仏塔が並んでいるのが見える。プラ・プラーン・サムヨートである。 外国人料金50バーツ(約175円)を払って中に入ったが、仏塔はサルの住処になっていて近寄りがたい。まわりにあるベンチの下もサルに占領されてしまってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(12)-ロッブリの遺跡めぐり・その1

旅の4日目2019年9月6日(金)はアユタヤからタイ国鉄でロッブリへ。駅周辺の遺跡を見てからバンコクに戻り、MRTブルーラインの延伸区間に乗車。その後買物してから深夜のスクート便で帰国する。 アユタヤリバーサイドホテルの朝食ビュッフェは種類が多くてなかなか美味しかった。今回の旅でいちばんまともな食事だったかもしれない。冷房の効いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(11)-アユタヤの遺跡めぐり・その2

旅の3日目2019年9月5日(木)のつづき。15時55分にワット・マハータートを出て北隣にあるワット・ラーチャブーラナへ。 ワット・マハータートを出て東側の壁に沿って歩くと、道路を渡った先にワット・ラーチャブーラナの入口がある。外国人料金50バーツを払って中に入る。 ここはワット・マハータートと違って観光客が少なくゆっくり見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(10)-アユタヤの遺跡めぐり・その1

旅の3日目2019年9月5日(木)のつづき。14時30分にアユタヤリバーサイドホテルを出てアユタヤ駅まで戻る。駅向かいにある道を100mほど直進するとパーサック川の渡し船乗り場に着いた。 運賃5バーツ(約18円)を払って桟橋で待っていると、一人のおばさんがトゥクトゥク貸し切り観光の客引きに来た。日本語で1,300バーツ払って良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(9)-アユタヤへ

旅の3日目2019年9月5日(木)のつづき。ナコーン・ラチャシーマー駅のホームで待っていると10時08分には10時18分発バンコク行き急行EXP72号が4両編成でやってきた。日本でタイ国鉄ホームページからすでに3等の切符を買ってある。席はいちばん後ろの4号車だ。 ところが一番後ろで列車の写真を撮っていると、発車9分も前なのに列車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(8)-ナコーン・ラチャシーマーに戻る

旅の3日目2019年9月5日(木)はピマーイからバスでナコーン・ラチャシーマーに出て、タイ国鉄でアユタヤに移動。アユタヤ市内の主な遺跡を見てアユタヤに泊まる。 昨日の朝は雨だったが、その後は曇つづきでわりと過ごしやすい。今日も曇だ。ピマーイパラダイスホテルは朝食なしで予約したが、サービスでおかゆを振る舞ってくれる。7時に食堂に下り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(7)-ピマーイ遺跡

2019年9月4日(水)のつづき。15時40分にピマーイパラダイスホテルを出て、徒歩5分ほどでピマーイ歴史公園の入口に着いた。外国人料金100バーツ(約350円)を払って中に入る。 ピマーイ遺跡はタイのアンコールワットとも言われる。アンコールワットの試作品だったとの説もある。大きさはアンコールワットほどではないものの思っていたより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(6)-ピマーイへ

2019年9月4日(水)のつづき。サ・カムペーン・ヤイ遺跡を見てウトゥムポン・ピサイ駅に戻ってきたのが8時10分。そこへちょうど列車が入ってきた。急いで窓口に行き、「ナコーン・ラチャシーマー、サードクラス」と言って切符を買う。44バーツ(約150円)だった。ナコーン・ラチャシーマーまでは230.5kmあるので日本だったら4,000円であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(5)-サ・カムペーン・ヤイ遺跡

2019年9月4日(水)は寝台特急SP23号の中で目覚めた。4時49分のスリンで着替える。時刻表と比べると36分の遅れになっている。昨日買ったパンを食べて朝食とする。外はまだ真っ暗。5時半には減光していた車内灯が明るくなった。 5時48分にウトゥムポン・ピサイで下車。29分遅れ。しかし外はほぼ真っ暗。計画では5時19分にウトゥムポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(4)-寝台特急SP23号

2019年9月3日(火)のつづき。19時18分には20時30分発ウボンラチャタニ行き特急SP23号が4番線に入線してきた。3年前に中国から購入した新しい車両。このタイプの車両に乗るのは初めてである。 列車編成はディーゼル機関車のあと、1号車が電源車と係員の仮眠ベッド、2~6号車が2等寝台車5両、7号車が食堂車、8号車はなくて、9~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(3)-ファランポーン駅

2019年9月3日(火)のつづき。17時にようやくファランポーン駅に着いた。ここに来るといよいよタイの鉄道旅が始まることをいつも実感する。 ただし現在バーンスージャンクション駅の隣に新しいバンコク中央駅を建設中で、それが完成すると今のファランポーン駅は廃止されて博物館になるらしい。その時期は早ければ2019年と言われているが、タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(2)-ファランポーン駅を目指す

2019年9月3日(火)のつづき。とりあえず空港から歩道橋で道路を渡ったところにあるタイ国鉄のドンムアン駅に行ってみた。しかし次のバンコク行きは16時18分発の急行が26分遅れで16時44分発予定とディスプレーに表示されている。約1時間半待ちだ。 なのでバスを使うことにした。モーチットに行く空港バスもあるが、いちばん安い路線バスで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(1)-スクートでバンコクへ

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行った。合わせてタイのアンコールワットとも言われるピマーイ遺跡など、いくつかのクメール遺跡にも立ち寄った。今日からその様子を書く。 9月3日(火)は内房線の最寄り駅を6時前に出て、千葉乗り換え、成田の空港第2ビルには7時00分に着いた。本日搭乗するスクートはLCCだが、チェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄に乗りに行きます

明日2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行く。合わせてタイのアンコールワットとも言われるピマーイ遺跡など、いくつかのクメール遺跡にも立ち寄る予定だ。 昨日ヴァイオリンの発表会があり、大きな弾き間違いもあったけれどまあそんなもんだろうと気を取り直してまた1年頑張ることとし、まずはタイに出かけることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月タイ国鉄の切符

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行く予定である。スクートのセールで成田~バンコクドンムアン空港の直行便往復を諸税手数料込み18,437円で買ったことを既に書いた。またバンコクからウトゥムポンピサイまで(約490km)の寝台列車の切符をタイ国鉄のホームページから手数料30バーツを含めて954バーツ(3,391円)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月タイ旅行の行程

2019年5月22日(水)のブログで、成田~バンコクドンムアン空港の直行便往復をスクートのフラッシュセールで安く手に入れたことを書いた。その後タイでどこに行くかいろいろ検討したが、ほぼ行程を決めたのでここに書いておく。 スクートのチケットは行きが9月3日(火)10時05分成田発、帰りが9月7日(土)午前0時45分バンコクドンムアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月はタイに行こうと思う

本日2019年5月22日(水)、スクートのフラッシュセールで成田~バンコクドンムアン空港の直行便往復が安かったので、9月にタイに行くことにした。タイは1年半ぶりになる。 行きが9月3日(火)10時05分成田発、帰りが9月7日(土)午前0時45分バンコクドンムアン空港発の直行便往復を諸税手数料込み18,437円にて購入。これまでで最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(11)-クアラルンプールのLRTつづき

旅の5日目・2018年2月2日(金)のつづき。クアラルンプールのLRT(Light Rail Transit)クラナジャヤラインを乗りつぶして、マスジットジャメ駅に戻ってきたところから。 次に乗るのはLRTスリプタリンラインのセントゥルティムール行き。2RM(約60円)のトークンを買ってホームへ。やってきたのは6両編成の堂々とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(10)-クアラルンプールのLRT

旅の5日目・2018年2月2日(金)はクアラルンプールのLRT(Light Rail Transit)を乗りつぶしたあと、空港鉄道のKLIAトランジットで空港第2ターミナルのあるKLIA2まで行き、14時40分発のエアアジアXで羽田に帰国する。 実は当初の目論見ではこれで東マレーシア以外のマレーシアの鉄道すべてに完乗するつもりであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(9)-ETS電車でクアラルンプールへ

旅の4日目・2018年2月1日(木)のつづき。15時10分にはクアラルンプールからのETS電車がバターワースに着いて大勢の客が下りてきた。15時20分に改札開始。日本で印刷してきたe-チケットを見せてホームへ。 15時30分発のクアラルンプール行きETS電車は6両編成。まだ新しい車両である。e-チケットで指定したC号車4番A席は前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(8)-マレー鉄道でバターワースへ

旅の4日目・2018年2月1日(木)のつづき。12時25分発予定のコミューター電車は12時35分になってようやくパダンブサールに到着した。大勢の客が下車する。そのまま慌ただしく折り返しのバターワース行きコミューター電車になる。 車両はかつてクアラルンプール近郊のコミューター電車として用いていたもので、3両編成の3枚扉ロングシート車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(7)-パダンブサールに到着

旅の4日目・2018年2月1日(木)はバンコクからパダンブサール行きの国際急行列車の中で目が覚めた。パダンブサールからはマレー鉄道に乗り、バターワースに立ち寄ってからクアラルンプールまで行く。 朝5時に目が覚めた。外はまだ真っ暗だ。駅に停まっている。トゥンソンジャンクション駅。ナコーンシータマラート方面への分岐駅である。バンコク方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(6)-寝台列車内にて

旅の3日目・2018年1月31日(水)のつづき。パダンブサール行き国際急行列車が15時08分にファランポーン(バンコク中央駅)を発車したところから。 15時40分にバーンスージャンクション駅。右手に巨大な高架の建築物が見える。これが新しいバンコク中央駅になるのであろう。 15時50分にチャオプラヤ川を渡る。しかし窓の外は並行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ~マレーシア鉄道旅(5)-パダンブサール行き国際急行列車

旅の3日目・2018年1月31日(水)のつづき。午後はファランポーン15時10発の国際急行列車でタイ-マレーシア国境の町パダンブサールを目指す。 12時にクルンカセムスリクルンホテルをチェックアウトし、ファランポーン駅のフードコートでエビ入り炒飯50バーツ(約180円)の昼食。これもなかなかおいしい。 駅構内のコンビニで水を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more