テーマ:ドイツ

ドイツの鉄道

ヨーロッパにはドイツとオーストリアにしか行ったことがない。しかも鉄道旅が目的ではない。これまで6回行ったが、いずれも家内と2人旅であった。 リタイアしてすぐの2014年7月にドイツ・オーストリアのパックツアーに行った。初めてのヨーロッパなので個人旅行は避けたのだ。最初の日に泊まったケルンのホテル「アツィムト・ホテル・ケルン・シティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(12)

ドイツ6日目・2014年10月20日(月)の続き。 着替えて18時半にホテルを出る。フランクフルト中央駅からSバーンで一駅、タウヌスアンラーゲで下車して歩いて3分ほどでアルテオーパー(旧歌劇場)である。昔の建物を再現した美しい外観。オペラは昨日行った新歌劇場の方でやっているので、アルテオーパーでは今はコンサートだけが行われている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(11)

ドイツ6日目の2014年10月20日(月)はフランクフルトからライン川沿いにケルンまで往復して夜はフランクフルト歌劇場管弦楽団のコンサートを聴く。 フランクフルト中央駅8時53分発のライン右岸線ノイヴィード行きはいちばん端の24番線からの発車。近郊快速SEの3両編成である。ライン川は左側に見えるので左側のボックス席に陣取る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(10)

2014年10月19日(日)の続き。 13時40分にフランクフルトに着いて4日ぶりにホテルエクセルシオールにチェックイン。さて昼食であるが、地球の歩き方によれば15分ほど歩いたところに日本食レストランがあるのでそこへ行くことにする。Uバーンのウィリーブラントプラッツ駅に近いホテルの地下にあるのだが、行ってみると扉に鍵がかかっており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(9)

ドイツ5日目の2014年10月19日(日)はバンベルクからニュルンベルク経由でフランクフルトに出てオペラを見る予定である。 7時起床。7時半朝食。チケットショップにお詫びのメールを入れてから散歩に出る。 バンベルク交響楽団の本拠地であるコングレスザールは予想通りホテルの隣の建物であった。楽屋口にはBamberger Symp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(8)

2014年10月18日(土)の続き。 思いもかけぬドイツ鉄道のストライキに巻き込まれ、予定していたバンベルク行きの列車は運休。高速バスの切符も売り切れ。この日のバンベルク交響楽団のみならず、翌日のフランクフルトオペラも見られるかどうか怪しくなってきた。失意のままベルリン中央駅に戻ってきたのは12時を過ぎていた。 そのまま切符…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(7)

ドイツ4日目の2014年10月18日(土)はベルリンからバンベルクに移動してバンベルク交響楽団のコンサートを聴く予定である。 ベルリン中央駅9時52分発の特急列車ICEに乗る予定であるが、ホテル最寄りのベルリンツォー駅からベルリン中央駅まで出ないといけないので、少し早めの8時45分にホテルをチェックアウトした。 ベルリンツォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(6)

2014年10月17日(金)の続き。 18時過ぎにホテルに戻り、着替えてから19時に再び出かける。Uバーンと徒歩で約40分かけてフィルハーモニーへ。いよいよお目当てのベルリンフィル定期演奏会である。今日のプログラムは3ユーロで昨日より少し高い。 服装は昨日と同じく男性は背広か渋めのジャケット、女性はワンピースが多いが、昨日よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(5)

ドイツ3日目の2014年10月17日(金)はライプチヒからベルリンに移動して待望のベルリンフィルのコンサートを聴く。 ライプチヒ中央駅9時51分発の特急列車ICEに乗る。車窓風景は昨日と同じ一面の草地。昨日よりは速度が速いが、新線区間ではないため最高速度は200km/h以下だ。11時08分定刻にベルリン中央駅に着いた。 Sバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(4)

2014年10月16日(木)のライプチヒでの続き。 さて夕食はどうするか。先ほど遅めの昼食を食べたばかりなのでまだ腹が減っていない。しかしコンサートが終わってからだと22時過ぎになってしまうのでちょっと遅すぎる。それでライブチヒ中央駅のビザハットでピザを買ってホテルで食べた。ドイツまで来て何とも粗食である。 着替えて19時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(3)

ドイツ2日目の10月16日(木)はライプチヒに移動してゲヴァントハウス管弦楽団の定期演奏会を聴く。 7時に起床したら外はまだ真っ暗である。7時半朝食。ビュッフェも種類は十分あり、コストパフォーマンスの良いホテルだ。日本人客も少なからずいる。みそスープも置いてあった。 食後フランクフルト中央駅の写真を撮りに散歩に行く。大きな駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(2)

今回の旅行スケジュールは以下のとおりである。 10月15日(水):羽田発11:25のANA・NH223便でフランクフルトに飛んで泊まる。 10月16日(木):ドイツ鉄道(DB)でライプチヒに移動して町を見学。ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートを聴いて宿泊。 10月17日(金):DBでベルリンに移動して町を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ鉄道と音楽の旅(1)

※最初にお断りしておきますが、今日のブログはとっても長いです。お時間のある方だけおつきあい下さい。 2014年10月15日~22日まで家内と2回目のドイツ旅行をした。7月の1回目は初のヨーロッパ旅行だったこともあり、パッケージツアーにした。しかし次は個人旅行にして、昼間鉄道に乗って移動し、夜はオーケストラのコンサートを聴きたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(6)

ツアー6日目の7月16日は観光の最終日であり、翌朝日本に向けて帰国する。 この日は午前中シェーンブルン宮殿とベルヴェデーレ宮殿の見学の後、13時過ぎからフリータイムとなった。 ウィーン24時間フリーパスを7.6ユーロで買って家内と二人でウィーンを散策した。まずはカフェ・ザッハーに行ってオリジナルザッハートルテを食す。ザッハートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(5)

ツアー5日目の7月15日はミュンヘンからザルツブルグに移動してミラベル庭園とモーツァルトの生家を見てから、ハルシュタットに行って湖岸を散策し、ウィーンに泊まる。 1日の移動距離が510kmもあってこれまでで一番長い。そろそろ旅の疲れが出てくる頃であり、ツアーの面々もバスの中で寝ている。 ミラベル庭園と言えば「サウンド・オブ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(4)

今回のツアーの参加者は20名で、夫婦が5組(うち1組は新婚さん)、4人家族、3人家族、女性2人、男性1人プラス添乗員という構成である。 添乗員つきのツアーに参加するのは初めてであるが、いろんな人と話ができて楽しい。若い頃ユースホステルを使って旅をした時に旅人といろいろ会話したことを思い出す。旅が好きな者同士で話が盛り上がるのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(3)

実は私はヨーロッパに来るのは初めてである。仕事でアジアには何度か行ったことがあるが、ヨーロッパには縁がなかった。 リタイア後の夢として、趣味の乗り鉄とクラシック音楽鑑賞をともに満たすべく、昼間はドイツの鉄道に乗って移動し、夜は地方都市のオーケストラコンサートを聴いてまわるのが夢であった。ドイツには100を超えるプロオーケストラが各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(2)

今回の旅行はドイツとオーストリアを巡る8日間の添乗員つきパッケージツアーであり、家内と参加した。 参加者は全部で20名であるが、私を含めてリタイア夫婦が3組いる。 さて、旅行第2日の7月12日はケルン大聖堂を見てからバスでリューデスハイムに移動し、つぐみ横丁で昼食を食べた後にライン河をザンクトゴアまで船で下り、さらにバスでフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・オーストリア旅行(1)

2014年7月11日から18日までドイツ・オーストリアに旅行したので旅行記を書こうと思う。 羽田からフランクフルトに飛び、初日のホテルはケルンの「アツィムト・ホテル・ケルン・シティ・センター」であった。 このホテルはドイツ鉄道(DB)のケルンハンザリング駅に面している。ケルンハンザリング駅はケルン中央駅の隣の駅である。 振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more