タイ国鉄と遺跡の旅(8)-ナコーン・ラチャシーマーに戻る

旅の3日目2019年9月5日(木)はピマーイからバスでナコーン・ラチャシーマーに出て、タイ国鉄でアユタヤに移動。アユタヤ市内の主な遺跡を見てアユタヤに泊まる。 昨日の朝は雨だったが、その後は曇つづきでわりと過ごしやすい。今日も曇だ。ピマーイパラダイスホテルは朝食なしで予約したが、サービスでおかゆを振る舞ってくれる。7時に食堂に下り…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(7)-ピマーイ遺跡

2019年9月4日(水)のつづき。15時40分にピマーイパラダイスホテルを出て、徒歩5分ほどでピマーイ歴史公園の入口に着いた。外国人料金100バーツ(約350円)を払って中に入る。 ピマーイ遺跡はタイのアンコールワットとも言われる。アンコールワットの試作品だったとの説もある。大きさはアンコールワットほどではないものの思っていたより…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(6)-ピマーイへ

2019年9月4日(水)のつづき。サ・カムペーン・ヤイ遺跡を見てウトゥムポン・ピサイ駅に戻ってきたのが8時10分。そこへちょうど列車が入ってきた。急いで窓口に行き、「ナコーン・ラチャシーマー、サードクラス」と言って切符を買う。44バーツ(約150円)だった。ナコーン・ラチャシーマーまでは230.5kmあるので日本だったら4,000円であ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(5)-サ・カムペーン・ヤイ遺跡

2019年9月4日(水)は寝台特急SP23号の中で目覚めた。4時49分のスリンで着替える。時刻表と比べると36分の遅れになっている。昨日買ったパンを食べて朝食とする。外はまだ真っ暗。5時半には減光していた車内灯が明るくなった。 5時48分にウトゥムポン・ピサイで下車。29分遅れ。しかし外はほぼ真っ暗。計画では5時19分にウトゥムポ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(4)-寝台特急SP23号

2019年9月3日(火)のつづき。19時18分には20時30分発ウボンラチャタニ行き特急SP23号が4番線に入線してきた。3年前に中国から購入した新しい車両。このタイプの車両に乗るのは初めてである。 列車編成はディーゼル機関車のあと、1号車が電源車と係員の仮眠ベッド、2~6号車が2等寝台車5両、7号車が食堂車、8号車はなくて、9~…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(3)-ファランポーン駅

2019年9月3日(火)のつづき。17時にようやくファランポーン駅に着いた。ここに来るといよいよタイの鉄道旅が始まることをいつも実感する。 ただし現在バーンスージャンクション駅の隣に新しいバンコク中央駅を建設中で、それが完成すると今のファランポーン駅は廃止されて博物館になるらしい。その時期は早ければ2019年と言われているが、タイ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(2)-ファランポーン駅を目指す

2019年9月3日(火)のつづき。とりあえず空港から歩道橋で道路を渡ったところにあるタイ国鉄のドンムアン駅に行ってみた。しかし次のバンコク行きは16時18分発の急行が26分遅れで16時44分発予定とディスプレーに表示されている。約1時間半待ちだ。 なのでバスを使うことにした。モーチットに行く空港バスもあるが、いちばん安い路線バスで…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄と遺跡の旅(1)-スクートでバンコクへ

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行った。合わせてタイのアンコールワットとも言われるピマーイ遺跡など、いくつかのクメール遺跡にも立ち寄った。今日からその様子を書く。 9月3日(火)は内房線の最寄り駅を6時前に出て、千葉乗り換え、成田の空港第2ビルには7時00分に着いた。本日搭乗するスクートはLCCだが、チェ…
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄に乗りに行きます

明日2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行く。合わせてタイのアンコールワットとも言われるピマーイ遺跡など、いくつかのクメール遺跡にも立ち寄る予定だ。 昨日ヴァイオリンの発表会があり、大きな弾き間違いもあったけれどまあそんなもんだろうと気を取り直してまた1年頑張ることとし、まずはタイに出かけることにした。 …
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月は宮崎に行こうと思う

本日2019年8月30日(金)15時からジェットスターのセールが始まった。「肉まん価格に挑戦!セール」と題して、「肉まん1個に支払ってもいいと思う金額、全国平均209円」で座席数限定だが航空券が買えるのだ。 この手のセールはすぐに売り切れるからなかなか入手困難である。行き先をいろいろ考えたが、成田~宮崎便をねらうことにした。火曜日…
コメント:0

続きを読むread more

レズニチェクの交響曲第2番、第5番

エミール・フォン・レズニチェクはオーストリアのロマン派後期の作曲家。1860年にウィーンで生まれている。先日ディスク・ユニオンで交響曲第2番と第5番のCDを見つけたので購入した(CPO;777 056-2)。演奏はフランク・ベールマン指揮ベルン交響楽団。 レズニチェクと言えば歌劇「ドンナ・ディアナ」序曲だけが有名だが、その他の曲は…
コメント:0

続きを読むread more

身延線の駅めぐり(3)-沼久保、市ノ瀬駅

2019年8月17日(土)のつづき。井出11時29分発の富士行き電車に乗る。313系電車3両編成だが、ロングシート。4駅戻って11時50分の沼久保で私ひとり下車。ここは牛山隆信氏の2019年秘境駅ランキング200ではランク外であるが、つちぶた氏による「つちぶた本舗の全駅訪問の旅」では次に行く市ノ瀬駅とともに秘境駅にあげられている。 …
コメント:0

続きを読むread more

身延線の駅めぐり(2)-井出駅

2019年8月17日(土)のつづき。入山瀬駅には33分いて10時29分発の甲府行き電車に乗った。313系電車セミクロスシートの2両編成。混んでいて立っている人も多い。扉脇に座る。しかし富士宮で大勢下りたので、左のボックス席の窓際に移ることができた。富士川は左側に見えるので都合が良い。 西富士宮を出ると山を巻くように登っていく。左下…
コメント:0

続きを読むread more

身延線の駅めぐり(1)-入山瀬駅

今夏の青春18きっぷがまだ残っているので、昨日2019年8月17日(土)に身延線の秘境駅に行ってきた。今日からその様子を書く。 昨日は内房線の最寄り駅を始発で発ち、千葉、横浜、平塚、沼津、熱海で乗り継いで富士には9時29分に着いた。改札口脇の売店ベルマートで昼食用の食料を買い込む。今日は近くに飲食店のない秘境駅をまわることになるの…
コメント:0

続きを読むread more

ラフの交響曲第6番

ロマン派時代のスイスの作曲家ヨアヒム・ラフは私の好きな作曲家で、これまでもいくつかのCDを当ブログで紹介してきた。 クラシックCDは都内のディスクユニオンで中古を買うことが多いが、店に入ると最初にラフの棚を見に行って掘り出し物がないか探すようになった。 ラフは交響曲を第11番まで書いている。第11番は未完成で遺されたものをエ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月タイ国鉄の切符

2019年9月3日(火)から7日(土)までタイ国鉄に乗りに行く予定である。スクートのセールで成田~バンコクドンムアン空港の直行便往復を諸税手数料込み18,437円で買ったことを既に書いた。またバンコクからウトゥムポンピサイまで(約490km)の寝台列車の切符をタイ国鉄のホームページから手数料30バーツを含めて954バーツ(3,391円)…
コメント:0

続きを読むread more

只見・飯山線の駅めぐり(6)-内ヶ巻、下条駅

2019年7月26日(金)のつづき。足滝14時24分発の十日町行きは3分遅れでやってきた。キハ110形気動車2両編成だが、客は2両で6人だけ。 十日町のひと駅手前の土市(どいち)では駅舎の隣に鉄道車両ふうに彩色されたかまぼこ型倉庫があった。当地の「大地の芸術祭」のために作られたもので、台湾のジミー・リャオという人の作品だそうだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

只見・飯山線の駅めぐり(5)-足滝駅

2019年7月26日(金)のつづき。小出駅の待合室は冷房が効いている。ここでしばし涼む。ホームに出ると八王子氏がいたので、話の続きをする。11時12分発の長岡行き普通列車が来たが、一緒に乗り込んで車内でも話を続ける。 八王子氏は若い頃ヨーロッパをユーレイルパスで2週間まわったとか、シベリア鉄道にも乗った、マチュピチュにも行ったとあ…
コメント:0

続きを読むread more

只見・飯山線の駅めぐり(4)-只見線で小出へ

2019年7月26日(金)は早戸から只見線で小出へ。午後は飯山線の秘境駅・足滝と内ヶ巻を訪問して帰途につく。 朝7時20分に「早戸温泉つるの湯」の送迎車で早戸駅まで送ってもらった。あらためて早戸駅を見ると片面ホームに新しいコンクリート製待合室。ホームの向かいは緑色の川面の只見川が見渡せる絶景駅でもある。ホームから民家は全く見えない…
コメント:0

続きを読むread more

只見・飯山線の駅めぐり(3)-早戸駅

2019年7月25日(木)のつづき。会津坂本駅からは17時51分発の会津川口行きに乗る予定であったが、時刻になっても列車が来ない。3分ほど過ぎたところでアナウンスがあり、お客様対応をした関係で30分ほど遅れると言う。 この列車は18時30分に早戸に着く予定で、その時刻に「早戸温泉つるの湯」の送迎をお願いしてある。とりあえず電話して…
コメント:0

続きを読むread more