三江線の駅(1)-江津~竹間

今の時期は大人の休日倶楽部パスが使えるので、久しぶりに東北へ鉄道旅行に行きたいと思っていたが、諸般の事情があって行けなくなった。それでまた過去の写真を掲載する。本日から3回に渡って、2018年3月末をもって廃止された三江線の全駅。 三江線は2017年3月と2018年2月の2回に分けて全駅訪問した。ぎりぎりであったが、廃止前に訪問で…
コメント:0

続きを読むread more

芸備線の駅

JR西日本は2021年6月14日に「芸備線沿線の地域公共交通計画に関する申入れについて」という記事をニュースリリースした。芸備線・庄原市~新見市内の沿線地域の関係自治体に対して、地域公共交通計画策定・見直しに向けた検討の場の設定または参加を申し入れた。 いよいよ廃止になるのだろうか。芸備線は私の好きな路線のひとつだが、まだ訪問でき…
コメント:0

続きを読むread more

レントヘンのヴァイオリン作品集

本日はユリウス・レントヘンのCDを紹介する。CPOから出ているヴァイオリンとピアノのための作品集・第1集である(CPO:777 768-2)。 ヴァイオリン・ソナタ ホ長調 Op.40、幻想曲 Op.24、ヴァイオリン・ソナタ「トリロジカ」、7つの演奏会用小品 Op.89が収録されている。演奏はクリストフ・シッケダンツ(ヴァイオリ…
コメント:0

続きを読むread more

道南いさりび鉄道と江差線の駅

北海道の駅の写真を路線ごとに掲載してきた。本日は道南いさりび鉄道の駅。北海道新幹線ができる前は江差線であった。江差線に乗った時の写真も掲載する。ただしいずれも訪問できた駅は少ないので写真がある分だけ。 七重浜(ななえはま)駅。五稜郭で函館本線と分かれて最初の駅。2017年11月に道南いさりび鉄道のダルマ駅である東久根別と釜谷を訪問…
コメント:0

続きを読むread more

函館本線の駅(5)-札幌~旭川間

函館本線の駅最終回。札幌~旭川間も訪問駅は少ないが、手持ちの写真を掲載する。 札幌駅。駅マニアの対象外ですが(2016年3月25日撮影)。 岩見沢駅。室蘭本線との乗り換えのため何度も下車した。青春18きっぷを使って札幌から旭川まで普通列車を乗り継ぐ時も、この駅で待ち時間があるためいったん下車する習慣になっている(20…
コメント:0

続きを読むread more

函館本線の駅(4)-二股~銭函間

函館本線の駅4回目。長万部で室蘭本線と分岐して函館本線山線に入っていく。この区間も未訪問駅が多いが、北海道新幹線の札幌開通までには訪問したいと思っている。 二股(ふたまた)駅。貨車を改造したダルマ駅。未訪問のため車内から撮った写真(2017年1月26日撮影)。 蕨岱(わらびたい)駅。こちらは車掌車を改造したダルマ駅。…
コメント:0

続きを読むread more

函館本線の駅(3)-桂川~長万部間

函館本線の駅3回目は森駅を出てから長万部まで。この区間は噴火湾に沿って走るので海がきれいだ。海の向こうに駒ヶ岳が見える区間は車窓から目が離せない。 桂川駅。千鳥状のホームから屋根付き階段を下りる途中にプラ椅子が置かれているだけの簡素な駅であったが、2017年3月に廃止された(2017年1月26日撮影)。 石谷(いしや…
コメント:0

続きを読むread more

函館本線の駅(2)-砂原まわり

函館本線は大沼と森の間で二手に分かれる。本日は砂原まわりの駅を紹介する。この間の駅は2017年11月に全駅訪問した。 池田園(いけだえん)駅。森の中の小さな集落にある無人駅(2017年11月23日撮影)。 流山温泉(ながれやまおんせん)駅。かつては駅前に200系新幹線3両が置かれていたが撤去され、今は先頭車の先端部分…
コメント:0

続きを読むread more

函館本線の駅(1)-函館~森間

北海道の駅の写真を順番に紹介している。本日から5回に分けて函館本線の駅の写真を掲載する。ただし函館本線の駅も未訪問の駅が多く残っており、未訪問駅については車内から撮影した写真があればそれを掲載するが、車内からの写真もない場合はご容赦下さい。 本日は函館から森まで。大沼で渡島砂原まわりが分岐するが、そちらは明日のブログで。 函…
コメント:0

続きを読むread more

本日の小湊鐵道キハ40

コロナ禍で出かけることもままならない。毎年正月には成田山新勝寺に初詣に行っていたが今年は機会がなく、本日2021年5月13日(木)にようやく電車で行くことができた。 季節外れで外国人旅行客もいなくなった成田山は閑散としており、参道はシャッターを下ろした店も多くてとても寂しくなっていた。 帰りがけ五井駅で途中下車して小湊鐵道の…
コメント:0

続きを読むread more

室蘭本線の駅(抜粋)

北海道の駅の写真を路線ごとに掲載してきた。本日は室蘭本線であるが、未訪問駅が多数残っている。それでこれまで訪問したことのある12駅の写真を掲載する。 小幌(こぽろ)駅。秘境駅ランキング第1位の駅。行った時は駅廃止のうわさがあった頃で、私の乗った上り列車からは30人くらい下車し、小幌駅は人だらけになった。下り列車が来る直前、上りホー…
コメント:0

続きを読むread more

日高本線の駅(3)-本桐~様似間

2021年4月1日に鵡川(むかわ)~様似(さまに)間116kmが廃止された日高本線の駅3回目。 本桐(ほんぎり)駅。住宅地の中にぽつんと古い木造駅舎。この駅舎は日高本線の中でいちばん好きだ(2020年10月9日撮影)。 荻伏(おぎふし)駅。きれいに塗装されたダルマ駅(車掌車駅舎)。住宅地の中にある(2020年10月9…
コメント:0

続きを読むread more

日高本線の駅(2)-大狩部~蓬栄間

2021年4月1日に鵡川(むかわ)~様似(さまに)間116kmが廃止された日高本線の駅2回目。 大狩部(おおかりべ)駅。海を見晴らす秘境駅。この駅の前後で高波によって線路の路盤が持ち去られ、線路が宙ぶらりんになっていた(2020年10月10日撮影)。 節婦(せっぷ)駅。かつてはダルマ駅(車掌車駅舎)だったらしいが、新…
コメント:0

続きを読むread more

日高本線の駅(1)-勇払~厚賀間

北海道の駅の写真を順番に紹介している。本日から3回に渡り、2021年4月1日に鵡川(むかわ)~様似(さまに)間116kmが廃止された日高本線の駅。2020年10月にレンタカーを使って全駅訪問した時の写真。 なお日高本線は1974年に初乗車したが、その後2015年1月に乗車する計画をしていたところ、その直前に高波で列車運休となり乗車…
コメント:0

続きを読むread more

キハ40が小湊鐵道を走る

2020年5月にJR東日本から小湊鐵道に譲渡されたキハ40形気動車が昨日の夜と本日2021年4月24日(土)の昼夜に初めて客を乗せて小湊鐵道線を走った。 定期列車に併結された形で運転され、各回20名限定のツアーとして五井~上総中野または養老渓谷の往復1万円であった。すでに乗車は締め切られていたが、只見線カラー塗装のキハ40が小湊鐵…
コメント:0

続きを読むread more

札沼線の駅(2)-豊ヶ岡~新十津川間

札沼線の2020年5月に廃止された区間の駅の写真つづき。 豊ヶ岡駅。森に囲まれた片面ホームと古い木造待合室。いかにも秘境駅の雰囲気であった(2018年8月31日撮影)。 札比内(さっぴない)駅。木造駅舎がとても良い感じであった(2018年8月31日撮影)。 晩生内(おそきない)駅。ここも木造駅舎が良かっ…
コメント:0

続きを読むread more

札沼線の駅(1)-石狩当別~石狩月形間

北海道の駅の写真、本日と明日は2020年5月に北海道医療大学~新十津川間が廃止された札沼線の駅。2018年8月に廃止区間を全駅訪問した時の写真である。なお札幌から石狩当別までの現存区間の駅は未訪問。 石狩当別駅。札幌からの電車を下りて、この駅でキハ40形気動車1両だけに乗り換えた。ここは大きな町だが、この先はローカルな田園風景にな…
コメント:0

続きを読むread more

石勝線の駅

1都3県の緊急事態宣言は2021年3月22日に解除されたが、その後早くもリバウンドが始まっており、春だと言うのにどこかへ出かける気になれない。それで根室本線に続いて石勝線の駅の写真を掲載する。 石勝線は南千歳から新得(しんとく)までで、根室本線直通の特急が走る。途中の新夕張から夕張までの支線は2019年4月1日に廃止されたが、支線…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(7)-姉別~根室間

根室本線の駅の写真7回目。最終回。 姉別(あねべつ)駅。簡素な待合室があるだけだが、窓にはルパンの絵が貼り付けられている(2017年4月11日撮影)。 厚床(あっとこ)駅。白い駅舎が素敵。当駅から別れていた標津線の跡地は遊歩道になっているようだ。ひと駅目の奥行臼(おくゆきうす)には木造駅舎も残っているらしい。そのうち…
コメント:0

続きを読むread more

根室本線の駅(6)-東釧路~浜中間

根室本線の駅の写真6回目。釧路から先は通称花咲線となり、基本1両編成の普通または快速列車ばかりとなる。 東釧路(ひがしくしろ)駅。レンガ造りの大きな駅舎。駅前が狭いため、写真のアングルはいつも同じになる(2017年4月13日撮影)。 武佐(むさ)駅。団地の中にあるホームだけの駅(2017年4月13日撮影)。 …
コメント:0

続きを読むread more