中国山地の秘境駅めぐり(4)-方谷、新郷駅

2020年1月10日(金)のつづき。秘境駅の内名(うちな)と布原で下車して、9時29分に新見に戻ってきたところから。

今シーズンの青春18きっぷは本日が最終日なので、明日は「吉備の国くまなくおでかけパス」を使うつもりである。駅窓口に「吉備の国くまなくおでかけパス」がほしいと言うと、ネットで予約しないと買えないとのこと。指定席券売機があればネット予約しなくても良いのだが、新見駅には指定席券売機がない。受け取りだけなら新見駅の窓口でもできるとのことで、あとで時間を見つけてスマホで予約購入しようと思う。

新見9時57分発の上り普通列車に乗る。115系電車2両編成。10時16分の方谷(ほうこく)で私ひとり下車。当駅付近に備中松山藩の陽明学者・山田方谷の塾があったことにちなんだ駅名である。

1面2線のホームから階段を下りると古い木造駅舎がある。登録有形文化財になっている。駅務室は方谷駅資料室になっていて、9時から16時まで開放されている。駅前には民家が少なからず並んでいて秘境駅らしくはないが、木造駅舎は見応えがある。駅務室内に入れるのも良い。

方谷10時29分発の普通列車で10時49分に新見に戻った。駅から3分ほど歩いたところにあるキムラヤで昼食用のパンを買い込んだ。この店は岡山木村屋の新見駅前店である。

次は新郷(にいざと)に行く。新見11時18分発の米子行きはキハ120形気動車1両。電化区間であるが、乗客が少ないのであろう。客は20人ほど。

11時44分の新郷で私ひとり下車。新郷駅は2面2線の長いホーム。上下線それぞれホーム上にブロック壁の待合室がある。駅は谷間にあって、民家が3軒ほど。駅前の広場にトイレ。

上りホームの待合室で、キムラヤで買ったパンの昼食。高菜サラダロールとたくわんサラダロールはいずれも130円であったが、なかなかおいしかった。

待ち時間にスマホを使ってJR西日本のホームページから「吉備の国くまなくおでかけパス」の予約決済を行った。あとで新見駅に戻った時に発券してもらおうと思う。

写真は方谷に着いた115系電車(2020年1月10日撮影)。

DSC00378.JPG


方谷駅舎。左端に方谷駅資料室入口がある(2020年1月10日撮影)。

DSC00398.JPG


駅舎内部(2020年1月10日撮影)。

DSC00395.JPG


方谷駅資料室内部(2020年1月10日撮影)。

DSC00414.JPG


新郷駅に着いたキハ120形気動車(2020年1月10日撮影)。

DSC00465.JPG


新郷駅全景(2020年1月10日撮影)。

DSC00523.JPG


岡山木村屋のロールパン(2020年1月10日撮影)。

DSC00535.JPG

"中国山地の秘境駅めぐり(4)-方谷、新郷駅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント