京急大師線・産業道路駅

今冬の青春18きっぷが1日分余りそうなので、本日2019年12月26日(木)に東京に行ってきた。正月用の買い出しが主目的であるが、京急大師線と相鉄新横浜線に乗ってきた。

京急大師線は本年3月に産業道路駅が地下化されてからまだ行けていなかった。相鉄新横浜線は本年11月30日に開業した線で、相鉄からJR乗り入れで新宿までの直通電車が走るようになった。

本日は産業道路駅について。

JR東海道本線を川崎で下りて、約5分歩いて京急川崎駅へ。本線は高架上にあるが、大師線は地上階にホームがある。

10時54分発の小島新田(こじましんでん)行きに乗る。4両編成の電車。一番前の運転台脇に立つ。

東門前駅を過ぎると地下に入っていく。トンネルの上部に旧線路が見える。旧線路の真下にトンネルを掘ったのである。産業道路駅は地下ホーム。その先は再び地上に出て終点の小島新田。

リタイアする前は小島新田から徒歩15分ほどのところにある職場に通っていたので、小島新田から京急川崎までは何度も電車に乗っている。小島新田は昔ながらのひなびた駅である。

小島新田からは線路に沿って産業道路駅まで歩く。徒歩10分ほどで産業道路駅。地下化する前はここの踏切はいつも渋滞していたのだが、すっきりした。ただし産業道路を横切る線路はまだ残ったままだ。

歩道橋で産業道路を渡ると産業道路駅の小さな駅舎。これは昔のままのようだ。改札を入ってから地下に下りると2面2線のホーム。まだ新しくてきれい。

産業道路11時27分発に乗り、京急川崎には11時36分に着いた。このあとは相鉄新横浜線に乗る。

写真は京急川崎駅の大師線電車(2019年12月26日撮影)。

DSC07202.JPG


東門前駅の向こうに地下トンネルが見える(2019年12月26日撮影)。

DSC07207.JPG


トンネルの上部に旧線路が残る(2019年12月26日撮影)。

DSC07211.JPG


小島新田駅(2019年12月26日撮影)。

DSC07241.JPG


産業道路駅(2019年12月26日撮影)。

DSC07299.JPG


産業道路駅ホーム(2019年12月26日撮影)。
DSC07313.JPG

"京急大師線・産業道路駅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント