マレー鉄道東ルートの旅(6)-ジャングルトレイン

旅の4日目・2017年10月29日(日)はジョホールバルからの夜行列車「EKSPRES RAKYAT TIMURAN」の中で目覚めたところから始まる。この日は13時05分着予定の終点トゥンパッまで乗ってからコタバルに出て泊まる。

昨夜はグマスを出た後すぐに眠ってしまったようだ。6時に目が覚めたが、外はまだ暗い。しかしジャングルの車窓風景が見たくて、着替えて窓際にスタンバイした。

6時半を過ぎるとぼんやりと明るくなってきた。6時37分にチェガール・プラという駅に停車した。時刻表では通過になっているので、運転停車だろうか。5分ほどで動き出した。

外は霧がかかっている。緑の原生林が続く。西ルートだと車窓はヤシ畑なのだが、さすがはジャングルトレイン。時々ヤシ畑も現われるが、規模は小さい。民家は全く見えない。

列車は山の中を走っていて、切通しを通る時には窓のすぐそばにシダが繁っているのが見える。いかにも熱帯らしい。7時ちょうどに短いトンネルをくぐった。少しずつ霧が晴れてきた。

7時22分にムラポー着。すぐに発車。7分遅れだが、なかなか正確な運行といって良いだろう。左手に岩山が近づいてくる。幻想的な眺めだ。

7時48分グァムサン着。ここは大きな駅だ。売店があって朝食を買い求める人が大勢ホームに下りている。私も紙に包まれたナシレマを3RM(約80円)で購入した。ナシレマはココナッツミルクでご飯を炊いたもので、マレーシアの定番朝食メニューである。

8時07分にグァムサンを発車。ナシレマを食べようとしたら紙が開いてしまい、ソースをこぼしてしまった。紙は袋状になっていると思い込んでいたのだが、四角い紙を折りたたんだだけだったのだ。

8時50分に恐らくブルタム・バル駅だと思うが、3両編成の普通列車とすれ違った。この付近は1日4往復の列車が走っている。

9時28分ダボン着。グマスからのキロポストは388kmになっている。トゥンパッまではあと140kmだ。9時49分発車。すぐ左手に大きな川が見える。クランタン川だろう。いくつものトンネルをくぐる。このあたりは特に景色が良い。

10時20分になって本日初の車内販売が通りかかったが、特に買うものはない。この先もさらに山深いジャングルは続く。時折木の枝が窓にあたる。

11時03分クアラクライ着。新しく大きな駅。町も大きなものだ。ここで大勢の客が下車したが、乗車してきた人も多かった。11時16分発車。ほぼ定刻になった。

ようやく山を下りたと見えてヤシ畑が増えてきた。時々バナナ畑も見える。11時55分タナメラ。ほぼ定刻である。昨日買い込んだパンをかじって昼食とする。

左手から錆びた線路が合流して、12時19分パシルマス。ほぼ定刻。錆びた線路はタイにつながっている線路だと思うが、現在は列車は走っていない。

車掌が「ワカバル、ワカバル」と言って通り過ぎた。次のワカバルはコタバルの最寄り駅である。あとで終点のトゥンパッからワカバルまで戻ってきてタクシーでコタバルに行くつもりだ。梯子にくくりつけられたゴミ用のポリ袋も回収された。終点は近い。

12時32分ワカバル。ほぼ皆下りた。下りる女性が通り過ぎる時私に「ワカバル」と声をかけてくれたが、私が「トゥンパッ」と答えると驚いていた。トゥンパッまで乗って行く外国人は珍しいのだろう。

この先は平地で民家も多くなる。12時51分に14分の早着で終点のトゥンパッに着いた。これでマレー鉄道東ルートは完乗。マレーシア国鉄の未乗区間はバターワース~ブキッ・ムルタジャム間の11.5kmのみとなった。

写真はジャングルの中のムラポー駅(2017年10月29日撮影)。

画像


グァムサン駅に到着(2017年10月29日撮影)。

画像


グァムサン駅の売店(2017年10月29日撮影)。

画像


ジャングルの川を渡る(2017年10月29日撮影)。

画像


トゥンパッに着いた「EKSPRES RAKYAT TIMURAN」(2017年10月29日撮影)。

画像

"マレー鉄道東ルートの旅(6)-ジャングルトレイン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント