川駅コレクション

駅のすぐ前に川が流れていて眺めの美しい駅が好きだ。これを川駅と呼ぶことにしよう。

既に2020年5月28日のブログで秘境駅として、大井川鐵道・奥大井湖上駅、飯田線・為栗(してぐり)駅、肥薩線・海路(かいじ)駅を紹介した。また2020年5月29日のブログでは既に廃止された秘境駅として、三江線の潮(うしお)駅と長谷(ながたに)駅を紹介した。いずれもホームからの川の眺めが絶景。

その他にも魅力的な川駅があり、これまで訪問した駅の中から写真を紹介する。

只見線・会津川口駅。会津若松からの列車はこの駅までで、ここから只見までは代行バスになる。乗り換えに慌ただしいのだが、ホームから見る只見川の景色は絶景である(2019年7月26日撮影)。

DSC03796.JPG


野岩鉄道・湯西川温泉駅の駅前から鉄橋を見る。ホーム自体はトンネル内にあるので川は見えないが駅前に出ると川面の色が絶妙に美しい(2016年5月13日撮影)。

DSC07213.JPG


トンネル内にある湯西川温泉駅のホーム。トンネル駅というのも実は好きなのだ。下り列車はトンネルを出るとすぐ上の写真の鉄橋を渡るので、車内からも絶景が見られる(2016年5月13日撮影)。

DSC07199.JPG


わたらせ渓谷鉄道の本宿(もとじゅく)駅。道路から階段を下りたところにホームがあり、目の前は川だけ(2016年3月6日撮影)。

DSC02539.JPG


青梅線・川井駅。多摩川にかかる奥多摩大橋をホームから見たところ。東京に近くて気軽に行けるのが良い(2017年3月4日撮影)。

DSC01950.JPG


この写真どこだかわかりますか。小海線・佐久広瀬駅ホームから見た千曲川。いかにも秘境駅である(2018年3月30日撮影)。

DSC06275.JPG


この写真もどこだかわかりますか。大井川鐵道・神尾駅のホームから見た大井川。木々に囲まれた秘境駅であるが、その合間から大井川の流れが見える(2019年4月4日撮影)。

DSC08104.JPG


これも大井川鐵道の塩郷駅。ホームの前は大井川。すぐ上流に塩郷吊り橋がかかっている(2019年4月5日撮影)。

DSC08676.JPG


塩郷吊り橋から見た塩郷駅(2019年4月5日撮影)。

DSC08666.JPG


三江線・江津本町駅。三江線は既に廃止されてしまったが、当駅は江津市内の駅とは思えない秘境感があった。目の前を流れる江の川は河口が近いこともあって、広く雄大(2017年3月16日撮影)。

DSC02631.JPG


三江線・信木駅。ここも既に廃止されてしまったが、江津本町と違って江の川の上流になるので川幅は狭くなっている。ホームは道路から一段低い所にあり、目の前が川だった(2018年3月2日撮影)。

DSC04753.JPG


土讃線・土佐北川駅。ただの鉄橋に見えるが鉄橋の上にホームがある。ホームから下を見下ろすと線路の間に川面が見える。これぞ究極の川駅(2017年8月30日撮影)。

DSC08140.JPG


土讃線・土佐北川駅ホーム(2017年8月30日撮影)。

DSC08113.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント