タイ国鉄の駅(3)-東本線、メークローン線

タイ国鉄の駅の写真つづき。本日は東本線とメークローン線。

東本線はバンコクからカンボジア国境のバーンクローンルックまで。途中のチャチューンサオジャンクションからバーンプルータールアンまでのサッタヒープ支線が分かれる。

メークローン線は他の路線と全く繋がっていない独立した路線。バンコク西寄りのウォンウェンヤイ駅からマハーチャイまでと、渡し船で川を渡ったバーンレム駅からメークローンまで。終点のメークローンは線路の上が市場になっていることで有名だが、途中のマハーチャイも線路上が市場になっている。

東本線・マッカサン駅。バンコク市内の駅だが、駅前は市場になっていて、朝早くから多くの人が行き交う。この駅に近いホテルに泊まって東本線を往復した(2015年7月21日撮影)。

DSC03938.JPG


東本線・アランヤプラテート駅。訪れた2015年当時はここが終点で、2019年にバーンクローンルック国境駅まで延伸された(2015年7月20日撮影)。

DSC03281-2.JPG


同上(2015年7月20日撮影)。

DSC03323-2.JPG


サッタヒープ支線・バーンプルータールアン駅。この駅に発着する列車は1日1往復。駅前には民家も何もない。5分ほど歩いたところに中華レストランがあり、昼食にありつけた(2015年7月21日撮影)。

DSC03817.JPG


メークローン線・ウォンウェンヤイ駅。高架鉄道のBTS駅から徒歩15分くらいだが、駅入口が市場の入口になっていてわかりづらい。駅自体もホーム上にいろいろな店が並んでいて、駅か市場か渾然としている(2015年3月7日撮影)。

P3070410-2.JPG


メークローン線・マハーチャイ駅。市場の一部を駅に使わせてもらっている感じ(2015年3月7日撮影)。

P3070454-2.JPG


マハーチャイ駅すぐそばの線路上でも野菜が売られている(2015年3月7日撮影)。

P3070462-2.JPG


メークローン線・バーンレム駅。マハーチャイから渡し船で川を渡ると、にわかにひなびた景色になる。バーンレムからメークローンへの列車は1日4往復のみ(2015年3月7日撮影)。

P3070524.JPG


メークローン駅。線路市場で有名。列車が来ると線路上の日よけが脇にたたまれ、通り過ぎると再び線路の上を覆う(2015年3月7日撮影)。

P3070602-2.JPG


メークローン駅そばの線路市場。写真は列車が来る直前で日よけが上げられた状態(2015年3月7日撮影)。

P3070639-2.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント