2019年9月タイ旅行の行程

2019年5月22日(水)のブログで、成田~バンコクドンムアン空港の直行便往復をスクートのフラッシュセールで安く手に入れたことを書いた。その後タイでどこに行くかいろいろ検討したが、ほぼ行程を決めたのでここに書いておく。

スクートのチケットは行きが9月3日(火)10時05分成田発、帰りが9月7日(土)午前0時45分バンコクドンムアン空港発の直行便往復で諸税手数料込み18,437円。これまでで最も安かった。ただし本日6月19日現在ではスクート7周年記念セールでさらに安いチケットが売られている。LCCの価格は予測できないのでしようがない。

計画した行程は以下のとおり。

9月3日(火) 成田からドンムアン空港へ。いったんバンコクに出て東北線の寝台特急に乗る。2016年に導入された中国製の新型車両。

9月4日(水) 早朝にウトゥムポンピサイで下車。駅に近いクメール遺跡のサーカムペーンヤーイを見る。急行列車でシーコラプームへ。駅に近いクメール遺跡を見る。普通列車でナコーンラチャシーマへ。バスでピマーイに行き、ピマーイ遺跡を見て泊まる。

9月5日(木) 朝ピマーイを発ち、バスでナコーンラチャシーマへ。急行列車でアユタヤへ。いくつかの遺跡を見て泊まる。

9月6日(金) 快速列車でロッブリーへ。駅周辺のクメール遺跡を見る。快速列車でバンコクへ。買い物の後、ドンムアンに出てスクートの夜行便に乗る。

9月7日(土) 成田帰着。

今回はタイ国鉄の新型寝台車に乗ること(2016年に導入されたがまだ乗っていない)と、鉄道を使ってタイのクメール遺跡を巡る旅にした。特にピマーイ遺跡はタイのアンコールワットとも言われ、前から見たかった。

バンコクからの寝台列車の切符はタイ国鉄のホームページから購入した。列車全行程の60%以上の区間の切符は90日前から購入できる。下段寝台でバンコクからウトゥムポンピサイまで(約490km)手数料30バーツを含めて954バーツ(約3,300円)であった。

ピマーイとアユタヤのホテルはAgodaで予約した。ピマーイパラダイスホテル1,771円。アユタヤリバーサイドホテル1,926円。バンコクと比べるとかなり安い。

その前に9月1日(日)にヴァイオリンの発表会があるので、それに向けて2カ月間練習の日々である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック