鉄道と音楽の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥羽本線と仙山線の駅めぐり(2)−笹木野、庭坂駅

<<   作成日時 : 2019/01/12 18:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年1月9日(水)のつづき。板谷13時31分発の上り列車に乗り、13時50分の笹木野で下車。福島の隣駅である。1面2線の長いホームがあるが使われているのは中央の一部だけ。それ以外は柵があって入れない。かつては長大編成の列車が停まったのだろうが今は2両編成である。

ホームにガラス張りの待合室。跨線橋を渡ると小さな待合室があり、切符の自動券売機が設置されている。駅前にタクシー1台。駅の周囲は住宅地。食事をとれそうな店はない。福島駅で買ってきたサンドイッチを待合室で食べて昼食とした。

笹木野駅の次は隣の庭坂駅に行きたいが、この時間帯は列車が少なく次の列車は2時間以上待たねばならない。奥羽本線の福島〜米沢間の普通列車は本数が少なく、福島〜庭坂間は一日11往復、その先は一日6往復のみとなる。山形新幹線は次々と通過していくのだが、福島〜米沢間ノンストップだ。

幸いにも笹木野から庭坂へは福島交通の路線バスを使って行くことができる。笹木野駅の待合室には最寄りのバス停として水口下までの地図が貼られ、徒歩約1分と書かれていた。

笹木野駅前を50mほど行くと片側1車線の道路に交差し、左側100mほどのところにJA野田支店前のバス停、右側100mほどのところに水口下のバス停がある。JA野田支店前の方がやや近そうだが、駅の案内に従って水口下バス停へ。

庭坂行きのバスは一日12本。次の14時29分発バスは3分遅れでやってきた。客は5人ほど。住宅街を10分ほど走って庭坂駅前で下車。駅まで約50m。駅前にクリニックと靴屋がある。

庭坂の駅舎はわりと新しいが、無人駅である。トイレあり。ホームは2面3線だが、駅舎寄りのホームは通過線になっていて、跨線橋を渡った島式ホームだけが乗り降りに使われている。

この駅では約1時間半の待ち時間がある。駅前を少し歩いてみたが、住宅ばかりで特に何もない。風が冷たいので駅舎内に引き返した。

あとは持参した文庫本を読んで時間をつぶした。今回はフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を持ってきた。

この次は秘境駅の峠に行く。

写真は笹木野駅ホーム(2019年1月9日撮影)。

画像


笹木野駅舎(2019年1月9日撮影)。

画像


水口下バス停に来た福島交通バス(2019年1月9日撮影)。

画像


庭坂駅舎(2019年1月9日撮影)。

画像


庭坂駅ホーム(2019年1月9日撮影)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥羽本線と仙山線の駅めぐり(2)−笹木野、庭坂駅 鉄道と音楽の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる