韓国鉄道旅行(2)

韓国鉄道旅行の初日は12月1日(月)の12時前に家を出てアクアライン高速バスで羽田空港にやってきた。15時35分発のJL93便はB767-300である。飛行時間が短いので、機内食は簡単な弁当と飲み物、食後のコーヒーだけであった。18時10分には予定どおり金浦空港に着陸した。

2万円を17.8万ウォンに両替してから地下鉄9号線に乗る。ソウル地下鉄の切符はカード式で500ウォン(約55円)のデポジット込みで購入し、降りた後でデポジット返還機の機械にカードを入れると500ウォン返金されるシステムになっている。デポジット込みでソウルまで1,850ウォン(約200円)と安い。

約30分乗ってから鷺梁津(ノリャンジン)で1号線に乗り換えたが、この駅では一度外に出ないと乗り換えられないため、再度乗車券を買わねばならなかった。地下鉄5号線から1号線に乗り換えるべきであった。ソウル駅には19時35分に着いた。

今回フリー乗車券であるKRパスは3日間用のバウチャーを韓国鉄道(Korail)のウェブページから既に購入している。5日間用もあるのだが、12月3日から5日までを3日間用のKRパスにして、12月2日の分は別に乗車券を買った方が若干安いため3日間用にした。ソウル駅で早速KRパスを引き換えて座席指定する。予定していた7列車すべての座席をとることができた。それとは別に12月2日の乗車券も購入した。

それからさらに地下鉄4号線に乗って4駅目の東大門歴史文化公園で下車。東横インソウル東大門にチェックインしたのは21時になっていた。

さて初日の夕食であるが、既にかなり遅い時間になっている。しかし韓国に来たら食べてみたいと思っていたものがある。プデチゲである。チゲ鍋にソーセージやラーメンを放り込んだジャンク鍋で、B級グルメファンとしてはぜひとも食べておきたい。

それでホテルから近いノルブブデチゲに行った。ここはプデチゲのチェーン店である。ラーメンとチーズをトッピングしてビールも頼んで13,500ウォン。約1,500円である。特にラーメンがいろんな味を吸い込んで美味だ。腹いっぱいになった。

東大門は朝まで買い物客で賑わうそうであるが、私は明日の朝のこともあるので早々にホテルに戻った。それにしても寒い。冷たい風が吹き荒れている。

写真はプデチゲ(2014年12月1日撮影)。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック