鉄道と音楽の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 根室本線の秘境駅めぐり(3)−東根室駅

<<   作成日時 : 2017/04/17 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月11日(火)は朝早く釧路を発ち、花咲(はなさき)線の根室寄りの9駅に下車してから釧路に戻る。なお花咲線とは根室本線のうち、釧路〜根室間の愛称である。

早起きして5時10分にホテルを出た。明後日朝まで3連泊なのでショルダーバッグだけ持って駅へ。駅に着くとまだ扉が開いていない。何人かの客が外で待っている。5時20分にようやく鍵が開けられた。

釧路5時35分発の根室行き快速列車「はなさき」に乗る。ちなみに明日も明後日も同じ列車に乗る。花咲線は列車本数が少ないため、早朝の始発列車から乗らないと訪問駅数を稼げないのである。

車両はキハ54形気動車1両。2人がけの固定セミクロスシート。座席と窓の位置がずれているので、前向きで窓との相性が良い窓際席は片側2席しかない。1人目に乗り込んで右側後ろのベストポジションをゲットした。最初の下車駅は終点ひとつ手前の東根室。それまで車窓風景を楽しむつもりである。

客は観光客または鉄道ファンらしき10人。2駅目の武佐(むさ)を過ぎると釧路市街から離れて原生林に入っていく。ここから先は日本離れした風景が続く絶景路線である。

別保(べっぽ)の先ではタンチョウヅルが2羽飛んでいるのが見えた。その先ではエゾシカ。今回の花咲線ではこの後もエゾシカを多数見ることになる。

今年1月に釧路から糸魚沢(いといざわ)まで往復したが、その時の車窓は一面の雪だった。あれから2カ月半経って、雪は日陰にまだらに残る程度になっている。

1月の厚岸湾は岸辺が凍っていたが、今は無論そのようなことはない。6時21分厚岸(あっけし)着。向かいのホームにルパン三世ラッピング車と流氷ラッピング車の2両編成気動車が停まっているのが見えた。後ほどどちらの車両にも乗ることになる。

厚岸を出ると厚岸湖に沿って走り、そのまま湿原になる。まだ雪が残っている中で釣り糸を垂れている人が等間隔に並んでいるのが見える。

6時42分茶内(ちゃない)。すれ違いのため5分停車。ここ浜中町はモンキーパンチの生まれた町で、茶内の駅名票の横には銭形警部、駅舎正面にはルパン三世の等身大ボードが立っている。乗客はホームに下りて三々五々その写真を撮っている。

牧草地が広がる中を進み、厚床(あっとこ)から林を抜けて秘境駅の初田牛(はったうし)。あとで訪問する予定。次の別当賀(べっとが)から落石の間は特にエゾシカの多い区間である。その間の落石岬で数十頭のエゾシカの群れを見た。その先は断崖の上から太平洋を見下ろす、花咲線の中でも最もダイナミックな絶景区間である。

7時40分落石(おちいし)。高校生が10人ほど乗ってきた。この後は各駅から高校生が乗ってきて通学列車となる。落石の先でも数頭のエゾシカを見た。

7時49分の西和田から先頭に立つ。次の東根室までの間に花咲駅があったのだが、2016年3月に廃止されてしまった。今はどうなっているのか確かめるためである。

目をこらして見ていたら、花咲駅のダルマ駅舎は撤去され、ホームの縁石もなくなってホームから線路側にスロープが作られていた。雪が線路に落ちるのを防ぐためだろう。ホームには花咲駅跡の看板が見えた。ここは本日2往復計4回通過したので、その度に写真撮影した。添付写真を参照。

東根室のホームではこの列車の写真を撮っている人が2人いるのが見えた。7時58分の東根室で下車。続いて高校生が20人ばかり下車した。ホームにいた2人のうち一人は列車に乗り、もう一人はクルマで来ていたのだが、しばらくするといなくなった。すると駅に残ったのは私だけになった。

東根室駅は日本最東端の駅である。1面1線の木の板のホームで駅舎はない。まわりは根室市の住宅地。この駅に来るのは2年ぶり2回目だ。前回は釧路からいったん根室まで行って折り返し列車で東根室に下りた。そして雪の中を根室まで約30分歩いたのであった。

東根室での滞在時間は26分。日本最東端駅の標柱を撮って、駅前をぶらついて過ごした。今日はこのあと花咲線の駅を一日堪能する。

写真は落石岬で見かけたエゾシカの群れ(2017年4月11日撮影)。

画像


右に花咲駅のホーム跡。2回目通過時に撮影。前方が釧路方向(2017年4月11日撮影)。

画像


花咲駅跡の看板。3回目通過時に撮影(2017年4月11日撮影)。

画像


東根室に着いた快速「はなさき」(2017年4月11日撮影)。

画像


東根室駅(2017年4月11日撮影)。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
根室本線の秘境駅めぐり(3)−東根室駅 鉄道と音楽の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる